岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

News
新着情報

2022.6.29

【GA4移行ガイド】GA4でイベントの設定方法とオリジナルイベントや独自の値を取得する方法

この記事ではGA4でのイベントの取り扱いについて説明していきます。
イベント以前の初期設定については下記記事を参照ください。
【GA4移行ガイド】GA4のオススメ初期設定!GTMとの連携も解説

GA4では取得したデータの『全てがイベント』扱いとなり、従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)と同じ用語を使用しながらも、用語の意味が少し変わっています。(これが混乱のもとになっている)
用語の意味を確認しながら、GA4でイベントを設定していきましょう。

目次

GA4の用語解説

GA4では従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)でも出てきた言葉が、別の意味で使われているなど、少し理解しにくい用語があります。
従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)の知識が逆にGA4の学習を邪魔してしまう可能性があります。
実際のイベント設定に進む前に、GA4での用語の意味を確認していきましょう。

【GA4の用語】イベント

まず、イベントはユーザーがホームページ上で起こす操作のことです。
従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)では、クリックイベントなどがありましたが、GA4では これらぜーんぶイベントです。

【GA4の用語】ディメンション

ディメンションはイベント発生時に取得できる値のことです。
例えば、クリックイベントが発生したら などの値が【ディメンション】として取得できます。

例えば今までのGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)では、ユーザーがどこから訪問してきたか、参照元を見ればすぐにわかりましたが、GA4ではfirst_visitイベント(初めてホームページを訪れたユーザーのみ集計する場合)のpage_referrerに情報が格納されていることになります。

イベントが『発生条件』で、ディメンションが『発生した値』であり、イベントはほぼ決まった値が送られてくるのですが、ディメンションは発生するたびに値が変わる『変数』のような物です。

【GA4の用語】カスタムイベント

カスタムイベントはGA4が収集してきた種々雑多な【イベント】と【ディメンション】を組み合わせたものです。

【GA4の用語】カスタムディメンション

カスタムディメンションはカスタムイベントを設定するための値です。

標準で取得できるGA4イベント

GA4ではすべてのユーザー行動がイベント扱いとなるのですが、標準で取得できるイベントは多くはありません。
私が知っているイベントパラメータは以下の通りです。

GA4イベントの種類:page_view(ページビュー)

ページが読み込まれた時点で発生するイベントです。
このイベントは自動で収集されます。
page_view(ページビュー)イベントで取得できるディメンション
page_location 読み込んだページのURL
page_referrer 1つ前のページのURL


GA4イベントの種類:session start(セッション開始)

ユーザーがホームページを訪問した時に発生するイベントです。
ほとんどpage_viewと同じタイミングで発生しているようです。

GA4イベントの種類:first_visit(初回訪問)

ユーザーが初めてホームページに訪れた時に発生するイベントです。
firstなので、2度目に訪問した時には発火しません。

GA4イベントの種類:user_engagement(ユーザーエンゲージメント)

ホームページを閲覧して1秒以上フォアグラウンドに表示されている時に発生するイベントです。
フォアグラウンドっていうのは、画面上に表示されている状態であり、別のタブを開いていたり、ブラウザが最小化されている状態ではフォアグラウンド扱いにならないはず!

GA4イベントの種類:scroll(スクロール)

ページを最下層までスクロールした時に発生するイベントです。
そのため、Javascriptのイベントのように、スクロールするたびに発生するわけではありません。

GA4イベントの種類:click(離脱クリック)

ドメインから離脱するリンクをクリックした時に発生するイベントです。
ドメインから離脱するリンクなので、サイト内リンクやページ内リンク、リンクを伴わないボタンに対してはイベントが発生しません!
サイト内リンクのイベント計測に関しては、ページビュー(page_view)イベントを使用し、page_referrer(1つ前のページのURL)からpage_location(読み込んだページのURL)へリンクという条件で計測しましょう。

click(離脱クリック)イベントで取得できるディメンション
link_id リンクのID属性
link_classes リンクのクラス属性
link_domain リンク先のドメイン
link_url リンク先のURL
outbound 外部リンクか否かの判別
外部リンクだった場合はtrue


GA4イベントの種類:view_search_results(サイト内検索)

サイト内検索を行うたびに発火するイベントです。
サイト内検索(view_search_results)イベントで取得できるディメンション
search_term 検索キーワード


GA4イベントの種類:video_start(Youtube動画再生開始)

動画を再生開始した時に発火するイベントです。

GA4イベントの種類:video_progress(Youtube動画再生進捗)

動画の再生時間が全体の10%、25%、50%、75%以降に進んだ時に発火するイベントです。

GA4イベントの種類:video_complete(Youtube動画再生終了)

動画の再生が終了した時に発火するイベントです。

GA4イベントの種類:file_download(ファイルダウンロード)

以下の拡張子のファイルに移動した時に発火するイベントです。
条件が“移動した時”なので、ファイルダウンロードイベントという名称ですが、必ずしもユーザーのローカルフォルダにデータがダウンロードされた時ではないです。
file_download(ファイルダウンロード)の対象拡張子
テキスト、ドキュメントファイル等 .pdf, .xlsx, .docx, .txt, .rtf, .csv, .pps, .ppt, .pptx, .key
実行ファイル、圧縮ファイル等 .exe, .7z, .pkg, .rar, .gz, .zip
動画ファイル .avi, .mov, .mp4, .mpeg, .wmv
音声ファイル .midi, .mp3, .wav, .wma

file_download(ファイルダウンロード)イベントで取得できるディメンション
file_extension ファイルの拡張子
file_name ファイル名
link_id リンクのID属性
link_classes リンクのクラス属性
link_domain リンク先のドメイン
link_url リンク先のURL
link_text リンクテキスト

【難易度★★★☆☆】GA4のカスタムディメンションの設定

従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)のカスタムディメンションとGA4のカスタムディメンションは全く異なる物です。

GA4では『全てイベントとなる』と書きましたが、そうなると既定で取得できるイベント以外にも【カスタムイベント】を設定したいですよね。
カスタムイベントを設定する前に、カスタムイベントの条件となるカスタムディメンションの追加方法をご紹介します。
基本的なディメンションは最初から用意されているのですが、用意がないものもあるので、ここで追加する必要があります。

GA4のメニューから【設定】を開いてください。

カスタムディメンションの設定は【カスタム定義】の中にあります。
カスタム定義を開いてください。

設定済みのカスタムディメンションの一覧が表示されます。
新しいカスタムディメンションを設定する時は、【カスタムディメンションを作成】を開いてください。

これがカスタムディメンションの設定画面です。

各入力フォームの内容は以下のようにしましょう。
ディメンション名 これはカスタムディメンションの名前です。
後で見てわかりやすい名前を設定しましょう。
範囲 イベントのままでOKです。
説明 これはただの説明なので、空欄でも良いですが、
後で見て理解できるように書いておきましょう。
イベントパラメータ ここがもっとも重要です。
どのような値を取得するかを定義します。

イベントパラメータはプルダウン式になっています。
このイベントパラメータは、プルダウンから選択も可能ですが、使えるパラメータが全て表示されていない場合があります。
上記の『標準で取得できるGA4イベント』からディメンションを探してきて、手入力してみてください。

カスタムディメンションの入力例
カスタムディメンションの入力ができたら、【保存】ボタンをクリックしてください。

新しく追加したカスタムディメンションが追加されていますね。

【難易度★★★☆☆】GA4のカスタムイベントを設定

GA4のカスタムイベントは従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)のイベントとは趣きの異なる物です。
従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)ではHTML側にイベントを発生させるJavascriptを埋め込んでいましたが、GA4ではサイトから送られてくる情報全てがイベントです。
今までGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)で【イベント】として取得していた物は、GA4では【カスタムイベント】扱いとなります。そして、情報の取得方法も大きく異なります。

【従来のGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)イベント】
Javascriptでイベントを発火させて、Google Analytics(グーグル アナリティクス)にデータを送っていた。
例)ボタンにonclickイベントを仕掛けて、クリックされるとイベントが発火する。

【GA4でのカスタムイベント】
GA4に送られてくるユーザーの種々雑多なイベントとディメンションを組み合わせた物をカスタムイベントとして扱う
例)
イベント 離脱クリックイベントが発生した
ディメンション1 離脱クリックイベントが発生したのはTOPページである
ディメンション2 離脱クリックイベントのリンク先がアフィリエイト(ASP)のドメインである
上記の条件を満たすイベントを「広告クリックイベント」とする。といった感じです。

GA4でオリジナルのイベントを取得する方法は複数ある

GA4では以前と比べて、設定が複雑になった印象があります。
しかも、GA4ではトラッキングの設定方法に応じたイベント設定の方法が3パターンあります。

GA4のみでカスタムイベントを取得

カスタムイベントを設定するには、サイドメニューから【設定】を開きます。

そして、【イベント画面】を開きます。

イベント画面には、現在設定されているイベントが表示されます。
ここにカスタムイベントを追加していきます。

【イベントの作成】ボタンをクリックしてください。

そうすると、カスタムイベントの設定画面が開きます。
カスタムイベント名はわかりやすい名前を付けてください。日本語(マルチバイト文字)でもOKです。
そして、【一致する条件】の所に、カスタムイベントの発行条件を入力します。

設定例)“あるページ(https://hogehoge.com/appeal.html)”から“特定のページ(https://hogehoge.com/contact.html)”に到達した数を計測したい
event_name
イベント名
次と等しい page_view
ページ閲覧イベント
page_referrer
リンク元URL
次を含む https://hogehoge.com/appeal.html
page_location
リンク先URL
次を含む https://hogehoge.com/contact.html
考え方として、ここでは“特定のページ(https://hogehoge.com/contact.html)”を閲覧したイベントのうち、“あるページ(https://hogehoge.com/appeal.html)”からリンクして来た件数を取得という設定を行っています。

カスタムイベント一覧に作成したカスタムイベントが入っていれば、設定完了です。
※カスタムイベントは設定しても、すぐには結果に反映されません
 いくつか設定してみましたが、リアルタイムイベントでも取れませんでした。設定したカスタムイベントが正常に集計されるようになるまで、一晩くらいかかるようです。

また、イベント一覧に戻っても、すぐには反映されません。
イベント一覧に表示されるには、イベントが1回以上発生している必要があり、カスタムイベントの設定が反映されるまでに一晩程度かかる以上、イベント一覧に表示されるようになるのも一晩程度かかります。

GTMでカスタムイベントを取得

GTM経由でGA4と連携させる場合はこちらの方法を使います。
まず、GTMでGA4を連携させます。GTMとGA4を連携させる方法はこちらを参照してください。
そして、イベントの発生条件を設定していきます。

GTMのタグから【新規】をクリックします。

【タグの設定】をクリックします。

イベントを計測するには、【Googleアナリティクス:GA4イベント】を選択します。

タグの設定ウィンドウが表示されます。

設定タグを選択します。
この時、先にGTMとGA4が連携できていないと、選択肢にGA4タグが出てきません。

『設定タグ』と『イベント名』の入力が完了したら、OKです。

次にトリガーを設定します。

一覧に出ているトリガーは使わず、新しくトリガーを設定するので、画面右端のプラスマークをクリックしてください。

【トリガーの設定】をクリックします。

トリガータイプの選択を行いますが、『すべての要素』を選択します。

トリガーの発生場所を『一部のクリック』に変更します。
すべてのクリックのままだと、どこをクリックしてもイベントトリガーが発火してしまいます。

そして、一部のクリックがどれのことを指しているのかを設定します。
今回はプルダウンに無い変数を条件にするので、『組み込み変数を選択します』を選択してください。

今回はリンクにid属性を設定しようと思うので、『Click ID』を選択します。

これでトリガーの設定ができました。

保存してください。

こちらも同じく保存をクリックしてください。

タグ一覧にクリックイベントが入りました。

GTMの設定を変更した場合は、【公開】を行うことを忘れないようにしましょう。

【トラブルシューティング】GTMでのクリックイベントが発火しない時

GTM経由でイベントを計測していると、GA4のアクセス情報は取得出来ているのに、クリックイベントが発火しないことがあります。
これはイベントのトリガー設定の問題の可能性があります。

GTMのトリガーでクリックイベントが2種類あることには気づきましたか?
この2つのイベントは『要素をクリックしたイベント』と『リンクをクリックしたイベント』に分かれます。

例えば、以下のような場合
【タグ】
<a id="contact_link_btn" href="~~~"><img src="~~~.jpg" alt="お問い合わせ"></a>

【トリガー設定】
イベントの種類 すべての要素
Click ID contact_link_btn
この条件だとイベントが発火しないんです!

どういう動きになっているか、イケルのホームページを例に、GTMのプレビューで確認してみましょう。

イケルのトップページにある外部リンクにid=“hakobikata”を設定します。
aタグにid=“hakobikata”が付いていますね。

そして、GTMのワークスペースからプレビューをクリックします。

Tag Assistantが開くので、ホームページURLを入力して、【Connect】をクリックしてください。

そうすると、新しいタブでホームページが立ち上がり、Tag Assistantのタブは上記のように変化しているはずです。
『Connected!』になっていれば、無事接続されています。

そして、左サイドバーにあるのが現在のページで発生しているイベント一覧です。
ページにアクセスしてから、番号の順番でイベントが発生しています。

さて、少し下にスクロールしてから、運び方.comへのリンクをクリックしてみました。
6,7でスクロール関係のイベントが発生し、8,9でクリックイベントが発生しています。

『8 Click』をクリックしてみてください。

そうすると、クリックイベントが発生しているにも関わらず、【運び方リンククリック】はTags Not Fired(タグは発火しませんでした)となっています。
【運び方リンククリック】をクリックすると、より詳細な情報を見ることが出来ます。

このイベントは以下のようになっています。
イベントの種類(_event) すべての要素(gtm.click)
クリック要素のID(Click ID) hakobikataと等しい
この場合、クリックイベント自体は発生しているが、クリックされたのはid=“hakobikata”ではなかったということになっています。

では、次に『9 Link Click』を選択してみてください。

やはり、こちらもTags Not Fired(タグは発火しませんでした)となります。
詳細を開いてみてください。

こちらは先ほどとは逆で、クリックされたのはid=“hakobikata”だが、イベント名が異なるという結果が出ています。

これはどういうことかというと、aタグがクリックされた場合、GA4では『Clickイベント(トリガー:すべての要素)』ではなく、『Link Clickイベント(トリガー:リンクのみ)』扱いとなります。
そのため、aタグに条件となるid属性を設定した場合、トリガー選択時には『リンクのみ』を選択する必要があります。

GTM経由ではグローバルサイトタグ(gtag.js)が取得できない

GTMを経由してGA4のデータを取得している場合、gtag.jsが取得できません。
なので、こういう面倒なタグやトリガー設定をGTMで設定しなければいけません。

UA経由でカスタムイベントを取得

この方法はユニバーサルアナリティクス(UA)をHTMLに埋め込んでおり、GA4にはUA経由でデータを送信している場合のみ使えます。
GTMを介さず、UA経由でGA4にデータを流している場合、従来のグローバルサイトタグ(gtag.js)が使用できます。

以下のような構文となります。
onclick=”gtag(‘event’, ‘イベント名’, {‘パラメータ名01’: ‘値01’, ‘パラメータ名02’: ‘値02’, …})”

【難易度★★☆☆☆】GA4でコンバージョン設定

カスタムイベントの設定まで出来たら、そのカスタムイベントをコンバージョンとして設定してみましょう。
設定は簡単です。
先ほどから、チラチラ見えていたと思いますが、イベント一覧画面に“コンバージョンとしてマークを付ける”というトグルスイッチが見えていたはずです。
このトグルスイッチを…

ON!

はい、これでこのイベントがコンバージョンに追加されます。

まとめ

今回はイベントの設定方法を紹介しました。
今はまだUAとGA4が混在しており、GTMの設定も絡んでいるので複雑ですが、そのうち整理されていくのでしょう。
次回はレポートの見方や探索の使い方をご紹介したいと思います。
株式会社イケル Webディレクター
最初は「手に職を付けて一人でも働けるように」との思いで学び始めたパソコンだったけど、仕事をしていくほど、良い仕事には【必ず仲間が必要だ】という思いが強くなっていきました。「一人で出来ることには限界がある。」とはよく聞く言葉ですが、実際に自分でやってみることでより一層強く感じました。お客様に喜んでもらうために良い仕事を。良い仕事には良い仲間を。強いチームで皆様の想いを『伝える』仕事をしていきたいと思います。
コラムの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命
  • 新人ブログ