岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

NEWS
新着情報

2021.12.28

イケルのホームページ実績紹介!-医療編-

今回はイケルで制作した医療系のホームページをご紹介いたします! 医療系といえど、その専門分野は多岐に渡ります。イケルは創業12年目を迎えますが、幅広い分野の医療に携わる方々とホームページ作りをしてきました。 どのサイトも真心こめてつくった愛着あるホームページです。

1.たるのどうぶつ診療所

たるのどうぶつ診療所は、飼い主さんも動物も安心できる医療と、温かい雰囲気の病院を目指されている、里庄町の動物病院です。 特に、歯やお口の病気の治療に力を入れていて、地域のわんちゃんねこちゃんのお口の健康を守る動物病院です。
こちらは、ホームページのリニューアルを行なっています。シンプルな手書き風イラストを使い、ナチュラルな印象に。 イラストにアニメーションをつけ、こっそり飛び出す仕掛けもしています。

たるのどうぶつ診療所 https://taruno-ah.com/
 

2.たち耳鼻咽喉科

倉敷市沖新町のたち耳鼻咽喉科は、一般的な風邪、めまいや耳鳴り、中耳炎、補聴器の調整まで幅広く診察を行っているクリニックさんです。 小さなお子さまからご年配まで、幅広い年齢層の方がご来院されるそうです。

院内の優しいグリーンと、サイトの色合いや雰囲気を統一させた、親しみやすいホームページになりました。 こちらは、保守サービスにご加入いただき、定期的にアクセス分析や新規ページ制作等行い、しっかり成長をしてきたホームページになります。

たち耳鼻咽喉科 https://tachi-jibi.com/
 

3.ありまつ整骨院

倉敷市にある、バキバキと音を鳴らす施術ではなく、ソフトで痛みの少ない優しい施術を行うのでお子様からご年配の方までご利用いただける整骨院です。

開院に際して、ホームページと、ロゴの制作をいたしました。 「痛みのない身体づくりをサポート」という理念から、優しく柔らかい雰囲気のホームページになりました。 また波のアニメーションをつけて、“痛みのない”というところを印象づけました。

ありまつ整骨院 https://arimatsu-seikotsu.com/
 

4.倉敷ニューロモデュレーションセンター

倉敷市にある、倉敷平成病院に新たに開設されたセンターのホームページです。

脳、脊髄、末梢神経の幅広い疾患に対して適応し、地域に密着した中規模病院の良さを生かして 患者さんの生活を支えるトータルケアを目指しているセンターです。 難しい治療をわかりやすく、先生の人柄やチームのまとまりを出せるように心がけて作成いたしました。

倉敷ニューロモデュレーションセンター http://www.heisei.or.jp/neuro/
 

5.えばらクリニック

岡山市北区加茂の「えばらクリニック」は、内視鏡専門医による胃カメラ(細径内視鏡)・大腸カメラ検査、 消化器内科、漢方診療、内科、予防接種、各種健診・検診など総合的な診療に対応した地域のかかりつけ医です。

デザインのポイントとして、ラフな円形を用い、柔らかさと優しい印象をプラスしたホームページに仕上がりました。 院長先生と奥様のお人柄もよく実際の医院も安心できる雰囲気のため、ホームページからもそう感じていただけると嬉しいなと思います。

えばらクリニック https://ebara-clinic.com/
 

6.アイ薬局

総社市、倉敷市を中心に調剤薬局を展開する、 薬で地域を健康にするのではなく、地域の方々がそれぞれお持ちの「健康」を底上げすることを最優先と考えられている薬局です。

弊社ではオンライン調剤・服薬指導のLPを作成いたしました。 文章で説明すると複雑だった、「オンライン調剤・服薬指導」を、イラストを用いることで分かりやすく説明したホームページになりました。

アイ薬局 https://urapyon.com/online/
 

7.津高台ホリスティックケアルーム

岡山の心の悩み相談・カウンセリング。カウンセリング技術×フラワーレメディという自然療法でご家庭でもサポートするカウンセリングルームです。

カウンセリングルームの自然あふれる癒しの場にあった、明るく優しさの中に落ち着いた印象のホームページのデザインにいたしました。 カウンセリングルームは木を基調とした落ち着いた個室で、リラックスできる空間がとても心地よく、ホームページの 打合せも和やかに進めることが出来ました!

津高台ホリスティックケアルーム https://bachflower.biz/
 

まとめ

以上がイケルで制作してきたホームページのご紹介でした。
医療機関には、医療法における広告規制があるため、ガイドラインを考慮したホームページ作りが必要になります。
弊社は要点を把握しているので、何がガイドラインに引っかかるのかを考慮した上で、制作をいたします。
医療のホームページ制作のご参考になりましたら幸いです!
コラムの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命
  • 新人ブログ