岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

NEWS
新着情報

2021.5.31

Googleカレンダーをホームページに埋め込む方法

以前投稿した「ホームページ(WordPress)に予約システムを導入する方法」までの予約システムは導入出来ないけど、予約状況を確認できるページが作りたい!とご相談をいただきました。
Googleカレンダーを表示し、それを確認した上で、問い合わせしてもらうような簡易的な予約ページを作ることも可能です。
今回はGoogleカレンダーをホームページ上に表示させる方法をご紹介します。

Googleカレンダーとは

Googleカレンダーとは、Googleが無料で提供しているスケジュール管理サービスのことで、個人的なスケジュールの管理だけでなく、他のユーザーとカレンダーを共有し、お互いの予定や会議を確認することができます。
また、今回のようにホームページにも簡単に埋め込んで公開することもできる、とても便利なサービスです。

カレンダー比較

Googleカレンダー以外にも、WordPressに表示できるカレンダープラグインもありますので、少し紹介します。それぞれ用途が異なりますので、目的にあったカレンダーを選びましょう。

実際にGoogleカレンダーを埋め込んでみる

さて、実際に公開用のGoogleカレンダーを作成し、ホームページに埋め込んでみましょう。

公開用のカレンダーを作る

Googleカレンダーは1アカウントで複数のカレンダーを作成できます。 自分の個人的なカレンダーとは別に公開用のカレンダーを作成しましょう。
  1. Googleカレンダーにアクセスし、カレンダーを追加します。 「他のカレンダー」の横にある「+」をクリックし「新しいカレンダーを作成」を選択します。 カレンダーの名前を入力して「カレンダーを作成」ボタンをクリックすると、カレンダーができます。 ※ 左のサイドバーの「マイカレンダー」に上で作成したカレンダー名が追加されていると作成されています。
  2. 作成したカレンダーに予定を登録してみましょう。
    ① タイトル:カレンダーに表示される項目(例:アロマ教室)
    ② 時間:実施時間を指定(例:19:00~20:30)
    ③ 先ほど作成した公開用のカレンダーを選択
    ここまで入力出来たら「保存」をクリックします。カレンダーに予定が追加されます。

Googleカレンダーを埋め込む

作成したカレンダーに予定を登録したら、いよいよホームページにカレンダーを埋め込んでみましょう。
  1. 公開用カレンダーの設定画面を開く
    Googleカレンダーを開き、マイカレンダーの中に先ほど登録した公開用のカレンダーにカーソルを合わせます。
    縦3つの点のボタンが表示されるので、クリックし、「設定と共有」を選択します。
  2. 共有等の設定を行う
    ①アクセス権限を設定
    「一般公開してだれでも利用できるようにする」にチェックを入れます。
    「誰でもあなたのカレンダーを見たり検索したりできるようになりますよ」の警告が表示されますが「OK」をクリックします。


    ②表示するカレンダーのスタイルを設定
    左サイドバーの公開カレンダーの下の「カレンダーの統合」をクリックすると、埋め込みコードなどが表示されます。
    その中の「カスタマイズ」ボタンをクリックすると、カレンダーのスタイルを設定する画面が開きます。
  3. カレンダをカスタマイズする
    ①カレンダーのタイトルを入力
    ※ タイトルを入力しない状態で表示項目の「タイトル」にチェックを入れると、アカウント名(メールアドレス)が表示されますので、注意!

    ②表示したい項目を選択
    ※ カレンダーリストは複数カレンダーを表示する場合カレンダーを選択できる

    ③カレンダーのサイズを設定

    ④背景色を選択
    ※ 周りの色は水色から変更できません。
    ④デフォルトビューを設定
    開いたときに表示されるカレンダーの形式を選択します。「月」「週」または「予定リスト」から選択可能。

    ④週開始日を設定
    カレンダーの週開始日を「土曜日」「日曜日」「月曜日」から選択

    ⑦表示するカレンダーを選択
    デフォルトは登録されているカレンダーすべてを表示する設定になっているので、公開するカレンダー以外のチェックは外しましょう

  4. コードを埋め込む
    カレンダーのスタイルの設定ができたら、ホームページに埋め込みます。
    ①スタイルの設定画面の一番上の部分にある埋め込みコードをコピーします。

    ②ホームページに貼り付ける(クラシックエディタの場合)
    テキストエディタに切り替え、①でコピーしたコードを貼り付ける。

    表示されたカレンダーを確認し、スタイルを調整しながら完成させます。

    ③ホームページに貼り付ける(ブロックエディタの場合)
    ブロックエディタの場合は、ウィジェットの「カスタムHTML」を選択し、コードを貼り付けます。
カレンダーの表示権限がない旨の表示が出る!ときは…
「アクセス制限」で「一般公開して誰でも利用できるようにする」にチェックを入れているにもかかわらず、ほかのパソコンで見ると「カレンダーの表示権限がないため、予定を表示できません。」が表示され、カレンダーが表示されない場合があります。
それは、「カスタマイズ」画面の「表示されるカレンダー」で公開するカレンダー以外にもチェックが入っているカレンダーがある可能性が高いです!
確認してみて下さい。

導入事例

弊社でGoogleカレンダーを設置したお客様のホームページをご紹介します。

まとめ

今回はGoogleカレンダーをホームページに埋め込む方法を紹介させていただきました。
お店やイベントの情報を扱うコンテンツではスケジュール情報を表示することが必要となってきます。Googleカレンダーは一般的に使われるサービスですし、ホームページへの埋め込みも簡単なので、スケジュール管理が必要な方にはとてもおすすめです。
また、Googleカレンダーだと、WordPressの管理画面に入る必要もなく、スマホからアプリなどで簡単に予定が登録できるので便利です。
株式会社イケル Webディレクター
「イケルにお願いしてよかった!」と思っていただけるよう、お客様とのコミュニケーションを大事にして、ホームページを作成しています。デザイン・機能面はもちろん、ユーザーが使いやすく、直感的に分かるサイト作りを目指しています。
コラムの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命