岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

NEWS
新着情報

2021.3.24

ホームページ(WordPress)に予約システムを導入する方法

先日、ホームページの保守メンテナンスをさせていただいているお客様より「自社のホームページに予約システムを導入したい。出来れば、カレンダーで空き状況が分かる様にしたいとのご相談を受けることがありました。

お店のホームページはあるものの、予約の受付は電話のみなので何とかしたいということでしたので、WordPressに予約システムを導入することを提案させていただきました。

WordPressの予約システムは、導入は少し大変ですが、後の運用はプログラムの知識が無い方でも簡単に運用できるのが良いところです。

今回は、WordPressで構築したホームページに予約システムを導入する方法をご紹介したいと思います。

予約システムは、こんな方にオススメ!

など、幅広い業種・業態で活用できます。

WordPress予約システムのメリット

自社のホームページに予約システムを導入するメリットをご説明いたします。

1. 24時間365日、受付が可能

電話や直接来店でのみ予約を取る場合、営業時間内しか予約を受け付けることができません。
しかし、ホームページに予約システムを導入することで、24時間365日いつでも予約を受け付けることができるようになります。

また、電話などにくらべて気軽に予約できるようになるため、人によっては予約や来店の敷居が低くなり、見込み客ゲットに繋がりやすくなります。

2. 空き状況がカレンダーで確認できる

予約システムを導入すると、予約状況がカレンダーで簡単に確認できるようになります。
いつが空いているかと問い合わせをする必要もなく、その場で空いている日時をチェックして予約できるのでとてもスムーズです。

3. ランニング費用が抑えられる

外部のオンライン予約システムを利用されている場合、自社のホームページに予約システムを構築することで、ランニング費用が不要になります。

また、ホームページと予約システムの管理画面が一本化されるため、日々の管理が楽になります。

4. 顧客情報(メールアドレスなど)を取得できる

WordPressの予約システムで予約してもらうと、確認と連絡のためにメールアドレスを入力してもらうことになります。これは、お店側にとって大きな資産です。
なぜなら、お客様のメールアドレスを集積することによって、メルマガを配信できるからです。季節ごとのキャンペーンを実施するお知らせや、割引クーポンを添付するなどして、お客様を呼び込むのに役立ちます。
メールアドレスを取得・利用する場合、その目的(メルマガ配信など)や使用用途等を個人情報保護方針に明記しておく必要があります。

WordPress予約システムのデメリット

WordPressを利用した予約システムは大変便利な反面、以下のようなデメリットも考えられます。

1. ドタキャンの回避が難しい

お客様から見た場合、電話予約などと違って直接やり取りせずに簡単に予約できてしまう分、予約すること自体が軽く見られがちです。
ドタキャンされて困る営業形態や損益が大きい場合には何らかの対策をとる必要があるかもしれません。

対策の一つとして、予約システムにクレジットカード決済を導入する方法があります。
クレジットカードでは、予約した時点で支払いが完了する上、キャンセル処理は非常に手間が多い上に、タイミングによっては一度引き落とされた後に返金されるため、一度決済が通ってしまうとキャンセルされにくいです。

2. 電話とWebのダブルブッキングの可能性

電話予約とWeb予約の両方を利用する場合はダブルブッキングが無いように注意する必要があります。
これについては、システム上の対策よりは、現場での対策を行いましょう。

WordPress予約システムはプラグイン「MTS Simple Booking」を活用!

MTS Simple Booking は予約数の上限設定が可能な予約プラグインです。日本語対応なのもオススメのポイントです。

MTS Simple Bookingの主な機能は以下の通りです。 MTS Simple Booking は名前の通りシンプルな予約システムで、ユーザー側と店舗側に必要な機能のみが搭載されています。シンプルとはいえ、予約に関する設定や通知については細かく設定できるので、無償版でも問題なくビジネスとして利用できます。

▼予約カレンダー表示例 引用元:おうぎや様

有償版であれば、より細かく予約内容の入力が受付けできるオプション機能や、よくご利用いただくお客様の予約フォームの入力の手間を省けるユーザー登録機能、問い合わせフォームも追加されるので、予約関係の設定と自社のサービスとの相性が良ければ購入も視野に入れてもよいでしょう。エステサロンやカルチャースクール等は有償版の方がオプションを細かく選べるのでおすすめです。

▼オプション機能(有償版) 引用元:MT Systems様

▼問合せフォーム(有償版) 引用元:MT Systems様

空き状況を表示するだけなら【Googleカレンダーの埋め込み表示】
「予約システムを導入するのはコスト的にちょっと…」「簡単とはいえ運用できそうにない…」「ひとまず空き状況だけお客さんに伝えられたらいい…」そんな時はGoogleカレンダーの埋め込み表示をされてみてはいかがでしょうか?詳しい設定方法は、Google公式サイトをご参照ください。

【参考サイト】
Googleカレンダーをウェブサイトに追加する
https://support.google.com/calendar/answer/41207?hl=ja

WordPress予約システム導入実績のご紹介

弊社のWordPress予約システム「MTS Simple Booking」導入実績をご紹介いたします。
自社ホームページに予約システムの導入を検討されている方、よければ参考になさってください。

1. おうぎや様

ホームページ:https://ougiya-naoshima.jp/
予約ページ:https://ougiya-naoshima.jp/yoyaku_1.html

瀬戸内国際芸術祭の開催地の一つである直島で、自転車・バイク・自動車のレンタル業をされているお客様。

2. ホテル オクシオ様

ホームページ:http://oxio.co.jp/
予約ページ:http://oxio.co.jp/reserve_single.html

岡山県でホテル業をされているお客様。

まとめ

今回はWordPressに予約システムを導入することのメリット・デメリット、プラグイン「MTS Simple Booking」の機能をご紹介しました。

WordPressによる予約システムの導入は、予約システムの目的や用途、そしてどこまで機能を求めるかにより難易度が異なります。例えば、予約プラグインをインストールするだけなら難しくありません。しかし、実際に予約に関する細かな設定や通知メールの設定などを含めると難しい場合があります。
プラグインが紹介サイトによっては「簡単に導入できる」という記述があったとしても、ある程度のWeb制作に関する知識や経験が必要になる場合もあります。もし、技術的な不安がある場合はWeb制作会社への外部委託も早い段階で検討しましょう。

また、予約システムにすべてを詰め込むよりも電話やFAX、またはLINEといったツールを利用した方が、ユーザー側も店舗側もやりやすい場合もありますので、自社に合ったやり方は何か考えてから導入することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が、WordPressに予約システムを導入されたい方のお役に少しでも立てば幸いです。
株式会社イケル Webディレクター
システム会社に8務めた後、イケル設立に携わる。
出産・育児のため退社していたが、専業主婦を経て復帰。現在は、ホームページ制作から運用・保守までを担当。
コラムの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命