岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

NEWS
新着情報

2021.3.31

ホームページやSNSに載せる写真を上手に撮るコツ6つ!

最近ではスマートフォンのカメラも進化して、きれいな写真が撮れるようになりましたよね。
ご自身で撮影された写真をホームページやブログ、SNSに載せている方も多いのではないでしょうか。
写真の出来栄えは、ちょっとしたポイントに意識して撮影するだけでグッと良くなるんです。
今回は、そんなちょっと良い写真を撮る6つのコツを紹介しちゃいます!

1.きれいな写真が撮りやすい時間帯

写真が撮る時間帯は、10時~11時ごろや、13時~14時ごろがおすすめです!
日の光が斜めから差し込むので、明るい写真が撮影できます。
逆におすすめしない時間帯は、11~13時ごろです。
太陽が真上に近い位置にあるので、影が強く出やすいため、被写体が暗く映ってしまいがちです。

2.撮影するのにベストな場所

屋内の場合

暗い写真になってしまいがちな屋内の写真。
だからといって直射日光が当たる窓際近くで撮ってしまうと、陰影が強く出すぎてしまったり、髪や顔が白く飛んでしまったりと、あまりおすすめできません。
ベストな場所は、直射日光の当たらないほどほどに明るい場所です。

屋外の場合

屋外の場合にも太陽の位置に注目が必要です。
撮影者の影や建物などの影が写真に写りこんでいませんか?
被写体は逆光になっていませんか?
うまく撮れないときは撮影する向きを変えてみて、ベストポジションを探してみましょう!

3.縦?横?どっち向き?

スマホで撮影するとつい縦向きで撮ってしまいがちですが、ホームページに載っている写真のほとんどは横向きなので、縦向きだと使いにくい写真が多いんです。
写真を撮る前に、その写真をどのように使いたいかを考えて撮るといいですね!



4.表情に注意!

例えば、下のプロフィール写真。
①と②、どちらの写真がより印象が良く感じますか?


おそらく「②」と答える方が多いのではないでしょうか。
表情一つで、印象がこんなにも変わってくるんです。
写真は撮る方も意識が必要ですが、撮られる方ももちろん意識が必要です。
特にプロフィール写真は撮られる側の意識が重要ですよ!

5.背景に注意!


どれだけかっこよくキメて写真を撮っても、上の写真のように後ろに熱々カップルがいたら台無しですよね…。
写真は被写体だけでなく、背景も印象を左右するんです。
画面の隅々にまで気を配りましょう!

6.統一感に注意!

ホームページに載せる商品写真は、TOPページなどに横並びで配置されることも多いと思います。
そんな時、明るさやサイズがバラバラだとイマイチですよね。
そのような写真を撮る時は統一感を意識して、他の写真との差が出ないようにすると見栄えが良くなりますよ!



まとめ

今回は、ちょっと良い写真を撮るコツを6つご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?
一番大切なのは、写真が使われているところをイメージして撮影することです。
皆さん、素敵な写真をたくさん撮ってくださいね!
株式会社イケル デザイナー
デザインやイラストを主に担当しています。まだまだ未熟なところもあるかと思いますが、精一杯頑張ります!よろしくお願いいたします!
コラムの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命