岡山県岡山市のホームページ制作会社 株式会社イケル

News
新着情報

2022.2.18

なりすましメールを送るウイルス『Emotet』の被害が急増しています

日本国内でウイルス『Emotet(エモテット)』のばらまき攻撃が発生しており、2022年2月から被害件数が急増しています。

IPA(日本情報処理推進機構) でも 2月7日に注意喚起が掲載されています。
IPA記事:「Emotet(エモテット)」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて

また、NHKのニュースでも取り上げられる程、ウイルスが流行しています。
NHK記事:コンピューターウイルス「エモテット」 再び感染拡大で注意

このウイルスがどのくらい危険なウイルスなのかを理解して、早めに対策を行っておきましょう。

Emotetの特徴


2022/3/16追記
2022年3月3日、なりすましの新たな手法として、メールの添付ファイル名やメール本文中に、なりすまし元の組織名や署名などが掲載されるケースを確認しています。Emotetが感染端末内のメーラーのアドレス帳から窃取したとみられる情報が用いられていると考えられ、後述のパターンの通り、なりすまされている担当者がEmotetに感染しているとは限りません。

引用元 – 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター:マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起

Emotetに新たな手法

2022/4/28追記

今年に入ってから猛威を奮っている「Emotet(エモテット)」の攻撃方法に新しい手法が用いられました。この新たな手法はセキュリティ会社のESETがメキシコ、イタリア、日本で確認したことをTwiiterにて発表しました。

国内での発生はJPCERT コーディネーションセンターが4月25日に、この手法による攻撃を確認しました。

新しく明らかになった手法では、細工された(※)LNKファイルもしくはこれらを含めたパスワード付きのZipファイルをメールで送りつけるというものです。これらのファイルを実行すると、スクリプトファイルが生成・実行され、「Emotet(エモテット)」に感染してしまいます。

※LNKファイルとは、Windowsのショートカットファイルのことです。ファイルの拡張子は『.lnk』です

以前のEmotetとは違い、新たな手法では、WordやExcelのマクロやコンテンツの有効化を必要としない方法での感染を目的とした、手法の可能性があると分析されているので、不審なメールは開かないように気を付けてください。

引用元 – ZDNet Japan:マルウェア「Emotet」、メキシコやイタリア、日本などで新手法による攻撃始まる

Emotetの注目すべき点

Emotetの対策


ウイルスは必ずしも.exe 形式のファイルとは限りません。

Word・Excel などの Office ソフトにはプログラムを実行するマクロ機能がありますし、画像の中にもブラウザで表示することで、画像内に埋め込まれたプログラムを実行させることが出来ます。
どのようなファイル形式であっても油断しないようにしてください。

Emotetに感染しているか確認する方法

感染を確認する方法ですが、セキュリティソフトを利用してスキャンする方法があります。
無料のセキュリティソフトではプログラムの不審な動きを検知する機能がついていない場合があるので、機能の充実した有料のセキュリティソフトを使用するようにしましょう。

コンピューター内の全てをスキャンするには非常に処理が重くなるので、難しい場合にはEmotetだけを調べることが出来る『 EmoCheck 』というソフトがあります。
Windows10、Windows11 を利用されている方はAssetsのemocheck_v2.0_x64.exe をダウンロードして実行してみてください。
実行後、しばらくした後に下記のような結果が表示されます。

Emotet以外のマルウェア(ウイルス)

種類 特徴
トロイの木馬 一般ソフトのフリをしてパソコンに侵入した後、バックドアを仕掛けたり、デバイスを勝手に操作したり、情報を流出させるマルウェアです。
普通のソフトウェアになりすましているため、自己増殖機能は持っていません。
コンピュータウイルス 既存プログラムの一部を書き換え、他のプログラムへと伝播していくタイプのマルウェアです。
プログラムに侵入して書き換えてしまうため、細胞に侵入する『ウイルス』と同じく『コンピュータウイルス』と呼ばれています。
次々プログラムを書き換えていくため、自己増殖します。
ワーム コンピュータウイルスとは異なり、単体のプログラムとして動作するのがワームです。
ネットワークを経由して他のパソコンに送信される等して増殖していきます。
自身のコピーを送りつける、ダウンロードする等の機能を持つため、自己増殖します。
スパイウェア ユーザーに気付かれないようにコンピュータに侵入し、コンピュータ内の情報を収集・外部に送信するソフトです。
お知らせの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
  • お知らせ
  • コラム
  • 山下の一社懸命
  • 新人ブログ