main

山下の一社懸命

カンガルーワーク推進隊がやってきた!

瀬戸高校から新しい働き方の提案を聞いて欲しいと、高校生3人が来社いただきました。

 

提案は、「カンガルーワークを取り入れて下さい!」です。カンガルーワークとは、社員が我が子と一緒に出勤し、仕事をすることです。実際に取り組んでいる企業の訪問調査、市場の要望などを調べ、今後普及していきたいのが「カンガルーワーク」です。既に導入している企業は、デスクなど働きやすい職場を構築、他の社員への配慮を行なうことで、社員のパフォーマンスが大きく発揮され高い成果を上げているようです。特に最近は、政府や地方自治体も少子化対策として、カンガルーワークのように、働くことを支援する取組みに、助成金などを用意しています。今求められるそういったニーズにチャレンジする、子供と一緒に働ける環境を目指すことは、新しいメリットが生まれると提案いただきました。

「みなさんは、社会人になって働く時はどのように思っていますか?」と質問したところ、「私は起業して、一緒に働けるような職場をつくりたい」「保育士として働きたい」など近い将来を描きはじめているところでした。高校で、授業のひとつとして、社会の課題を見つけ、それを改善する提案をグループ毎に考えて取り組んでいます。素晴らしい取組みだなと思います。学校で何のために学ぶのかといえば、試験の成績を上げることではありませんよね。それは、一つの目標であって、本来は、自分が描く幸せな暮らしをしていくために、様々な学びを深めることだ思います。将来どんな暮らしをしたいかを出発点にすると、何を学んで、何を考えていくか見えてくるのかなと感じました。熊谷君、櫻本さん、柳井さん、とても楽しい時間ありがとうございました。

社員勉強会を見学(藤クリーンさん)

2019年3月25日(月)藤クリーン(岡山市南区浦安本町)さんの、社員の勉強会に参加しました。藤クリーンさんは、廃棄物の収集運搬から中間処理、最終処分まで一貫体制で環境価値創造企業として活躍されています。リサイクル100%をめざし、様々な取組みを行なっている企業さんです。2ヶ月ほど前、中小企業経営者の集まりで会社訪問をさせていただいた折、中間処理施設をそれぞれの持ち場の社員さんが説明していただく機会がありました。社員さんの、自分の仕事に自信を持った話し方がとても印象的で、会社の風土がとても心地よいものでした。毎月行なっている、社員と一緒になって勉強会をしているということを伺い、見学させていただきました。

 

18時より、1時間。お仕事を終えたスタッフが、作業着姿で全社員が参加されています。男女、若い社員からベテランまで、様々な方がおられます。外部の私にも笑顔で接していただき、気持のいい空間です。

 

藤クリーンでは、国連サミットで採択された、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。勉強会は毎月、今回で10回目です。岡山大学の先生と一緒になって、SDGsの中から、自らがやるべきテーマを見つけ出し、そのテーマを深掘りしていきます。SDGsが掲げている17テーマの目標12『持続可能な消費と生産』に絞り考えていました。ESDコーディネーターの、岡山大学の先生が、今までみんなと考えてきたこと、そして今日みんなと考えるべきことを案内します。先生は、『私たちは伝えることも一つの役割だと学んできましたので、今日は「伝えるにはどうすうるか?」をみんなで考えましょう』。それには、次のようなポイントが大切で、それぞれグループで考えられるよう「どのように伝えるのがいいのか考えてみましょう」「伝わるためには漠然としていては伝わりません」「伝えたいキーワードを考えよう」「ターゲットを明確にしよう」「相手のメリットを考えよう」「具体的な数字を表現しよう」「文字数を短めにしよう」と、考えるヒントを示してくれます。

 

12テーブルで4~5名のグループになって、「えんたくん」という段ボールを囲み、思いついたアイデアを直接マジックで書き込んでいます。誰に伝えたいかを考える時には、県民へ、会社の周りの地域住民、地球へ、将来の子供たちのことなど、それぞれの視点の意見が出ていました。社員が自分の視点で、会社の役割を考えていく姿は、楽しそうで、そして頼もしい。会社のミッション(使命)は何か、その中で自分の役割は何か、考えていく。SDGsでは、世界はこう考えていきましょうとテーマを示してくれています。自分も世界の一員であれば、考えるべきテーマですが、まだまだ自分事として浸透しているとは言えないでしょう。目指すべき大切な目標が、自分の仕事と直結しているという意識が深まれば、やり甲斐が高まり、質の高いお役立ちに繋がります。一人一人が自主的に自信をもって取り組む姿は、益々地域になくてはならない大切な会社に成長していくだろうと感じました。

 

参加させていただきありがとうございました。

 

問題児は社長、変るときがきた(同友会の学び)

11月22日(木)、岡山国際交流センターで、中小企業家同友会の岡山南支部例会に参加しました。
報告事例は、有限会社ヒカリシルクの黒田英利代表取締役で、「問題児は社長、変るときがきた!!」と題して報告がありました。日頃の明るく誠実な黒田さん体験報告に40名ほどの会員が集まりました。
 
黒田氏は、昭和59年父親が創業したシルクスクリーン印刷業を後継し、今の有限会社ヒカリシルクの代表取締役です。平成6年に社員として入社し、実務をこなし、平成25年に代表取締役に就任しました。取引先の下請けで創業した経緯もあって、売上げの中心がその下請け業務です。当初はありがたいことに、安定した仕事があり、目の前の仕事をこなすことが中心でした。忙しさを理由に、経理の管理はおろそかになりがち、そのうちに外部環境の影響に翻弄するようになります。印刷業務全体が分かっていたことで、事業継承についても特に意識せず、やることが何も変らず、ただ役職が変ったような感じです。社長になっても財務は改善せず、外部環境を理由にしていました。何をすべきかわからない、社長の仕事って何か自問する日々を過ごします。
そんな折に、中小企業家同友会で経営指針書に出会い経営者のやるべきことがこれなのかもと思います。同友会で、自ら進んで、先頭にたって実践するより、経営者仲間に様々なアドバイスを素直に受け止め自分の問題を気づく学び方が始まりました。そして、6ヶ月の研修、「経営指針成文化研修会」で会社の経営指針書づくりに励みます。何をすべきか定まっていない経営者、アドバイスを真摯に受入れる黒田氏に、アドバイスは激しいものがありました。何のために経営しているのか?会社の存在意義はなにか?大切にしている価値観?人生観は?取引先や顧客に対する基本姿勢は、社員に対する基本姿勢は?、地域社会には?など経営者の姿勢を鍛えられます。何も答えを持たない自分に落ち込むこともあったといいます。なんとか形にした経営指針書ですが、社内発表もなかなか実施することが出来ず時間をかけます。社員からすれば、いままで聞いたこともない経営指針発表など目的すら分からない状態で開催することになります。社員の感想は辛辣でした。「私たちがどのようにしたらいいかわからない」「社長の思いの空回りしている」「社長の思いを伝えて欲しい」「現実的でない」「理想論だ」「実際には決めたことすら何も出来ていない」「危機的な状況なのに」率直な社員の意見に、悔しい気持ちがこみ上げてくる反面、社員は真剣に会社に本気で向き合い感想を言ってくれるありがたさも感じます。
すぐには社員との気持ちの共有は出来るはずもなく、ベテラン社員の退職など苦難は続きました。自分が言ったことが実践できない、それでも社員のためにと思ってやることが理解されない、気持ちは揺れ続けます。成長の過程であるヒカルシルクはこれから、学び続けながらも、アウトプットをしっかりすると言い切ります。学んだつもりになって誰もわかってくれていない。それは、自分がアウトプットをすることを怠ってきたからだといいます。行動しないと変らない。社員の危機感をもっと受入れ、社員が安心して働ける居場所づくり、社員を虫眼鏡で見るように、行動を尊重し我慢強くもやさしく向き合っていきたい。自分に言い聞かせるように、次の6つを鍛え上げると言われました。
  1. 聞く力
  2. まとめる力
  3. 行動する力
  4. 決断する力
  5. 連携する力
  6. 伝える力

社員と共に育つことが重要で、社員が色々と意見してくれることが幸せに感じるようになったと言います。今では最近入社した社員が新しい風をふかせ、いい兆しが見えてきたそうです。将来、5年後10年後、このときの気づきや思いが懐かしく思えるよう、しっかり成長していきたいと照れながら終わりました。

グループ討議は「あなたは同友会に入る前と入った後で何が変りましたか?また学ぶことで何を変えたいですか?」で5人のグループで討議を行ないました。経営を学ぶ理由は、何を学びたいか明確になっていないことが多いようです。黒田さんと同じく何かを変えたい、変えることが分からない、そういった漠然と不安感の中で学びに進んでいます。何がやりたいか、何が課題かわからない。それでも目の前に仕事(やること)があることは幸せなのかもしれません。しかし、やるべき事が明確でないと、自主的に物事は考えにくくなるでしょう。ただ目の前に流されていく危険をはらんでいます。成り行き経営の姿があります。経営を学びだして、「何為に経営をしているを初めて考えた」と発言される方がいました。大多数がそうなんじゃないでしょうか。事業継承でも目の前の製造や顧客対応が中心になってしまう。顧客に役立つ行為をすることを最終目的とすると、大切なことが見えなくなってくる。何のために経営するかを考えた上で、自分の行動パターンが変ったと意見がありました。習慣がかわる、経営者が何をすべきか見えないといけない。行動パターンが変ると実践の仕方も変ってきたと言います。同友会は経営者の体験談や経営者同士の討論が学び方の中心になります。様々な体験や考えに触れ、そして自分事として考えるときに、気づきがあったと言います。同友会は学ぶことを学ぶと言いますが、まさに自分で気づいてこそ実行に移せる学びなのだと思います。実践する上で、どうしても新しい方針や新しい考えを伝えると反発に合うようです。多くは、そのアイデアに、リスクや不安を持ち、ブレーキをかけます。反発にあえば、経営者の決断が揺らぎ、強い思いや根拠が薄いと実行に移せません。人は皆、変化を恐れるものです。決断が揺らがない根拠や理由、さらには信頼関係の構築など必要になるでしょう。
 
最後の、黒田さんの補足説明をご紹介します。目先のことばかり追っている自分がよく分かる。会社の会話もそれだけ。急ぎを急いでやる。でも大切なのは、急ぎでないが重要なこと、本当にやるべき事を社員と話し合って行なうこと。それが成長するキーワードじゃないか。社員への押しつけではいけない、自分が変ることによって会社をよくしていく。小さな事でも成果を出していく、その積み重ねが成長に繋がる。
 
 

OIC業界研究講演会

10月29日(月)岡山情報ビジネス学院のWebデザイン学科1年生に「業務事例のご紹介と、Web業界のトレンドご紹介 仕事の醍醐味などについて」講義をさせていただきました。50分間でしたが、質問が多くて超過するほど学生さんの熱心なこと。会社のこと、ホームページ制作会社の業界について、やりがいについて、弊社が求める人材、目標づくりについてお話ししました。質問は業界についてや、起業したこと、社会人の離職率などとっても熱心。学校のブランドはこういった生徒がつくっていくんだろうな~と、将来が楽しみな若者たちでした。また、出会いたいですね。

わかもの面接塾2018

8月24日(金)ハローワーク岡山で就職を目指す若者たちに、会社や業界の話、そして就職における相談をうけました。10名の参加者は、35歳以下の若い方で、何らかの理由で仕事を辞め、再就職を目指しています。会社の選び方や、面接についてなどいろいろな質問をいただき丁寧に応えました。

セミナーの報告に対して、次のような感想を寄せていただきました。

  • 面接は求職者がアピールするばだけでなく、求職者が企業を知る場であるということに気づいた
  • 就活をする上での心構えや意識が明確になった
  • 伝えるべきことを伝え、自分の考え方、回答をしっかり持つことが必要
  • 会社の理念を知らないでいることはもったいない
  • 自分のためにしっかり会社を調べたい

何のために、仕事をするのか。そのために、どう行動するのかを考えていくことでやるべきことが見つかるのだと思います。真剣に自分の活躍の場を悩んでる若者に接すると、会社が活躍の場を提供しているのか問われたような気がしました。

様々な企業がいます。売り手市場とはいえ、自分に合った会社を見つけることは簡単なことではありません。でも、一番大切なのは自分のやる気であって、そのやる気を評価する会社を選んでいただきたいと思いました。

総社商工会議所青年部6月例会で講演

6月18日(月)総社商工会議所青年部の6月例会で講演をさせていただきました。
「これからの企業に求められる情報発信、SNSの有効な活用方法」をテーマに80分にわたりお話ししました。
SNSは今や重要な道具となってきた中で、総社市の若い事業者がどのように活用すべきかのきっかけになればと思います。SNSはfacebookを中心に使い方ではなく重要性、必要性や何を実践すべきかをまとめました。次のような内容でお話ししました。
 
「これからの企業に求められる情報発信、SNSの有効な活用方法」
  1. 基本的なSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)について
  2. 企業がSNSを使う必要性
  3. 広告のSNS割合
  4. 利用者の現状
  5. 情報の伝わり方の変化
  6. キーワード検索、ハッシュタグ
  7. SNSの求められる記事
  8. 動画
  9. 目標設定
  10. 経営者として
夜の20時からのはじまりで35名ほどに青年部の方がみなさん熱心に耳を傾けてくれました。例会をまとめていただいた、角井健二副会長、郷土発信担当の窪津智宏さんが熱心に準備され、素晴らしい時間となりました。総社市にもっと関わって支援していきたいですね。角井さん、窪津さん、そして青年部のみなさん貴重なお時間ありがとうございました。

営業道場 短い言葉で伝えるチカラ

6月6日(水)毎月定例の営業道場です。7名で岡山駅前のウェーブハウスビルディング19時から2時間学びました。
今日のテーマは、営業の基礎基本の中の「自己・自社を紹介する」です。優秀な営業は、短い言葉でさりげなく紹介することができ、その上でお客様が質問したくなるように場を作ります。それには、商品サービスの基礎知識は当然ですが、お客様の視点や立場を理解できないと的外れになります。競合他社を研究し、自社商品の特徴メリットを明確にすることも営業の能力です。
 
参加者に、自己自社商品のPRを30秒にまとめてもらい発表してもらいます。注意点として
  1. 自社製品のこだわりは自社だけでない、他社もこだわっていることを忘れないで
  2. そのこだわりは他社と比較したときにあまりにもわかりにくい
  3. 小学生にわかるように説明して欲しい、
5分間で仕上げた30秒のPRを参加者に発表してもらいました。子どもに合わせてやさしくまとまったもののフンワリして印象が薄れたり、そのこだわりは同業者も同じと指摘されたり、すぐに欲しいなと思う商品にうなずきながら聞いたが最期に価格を聞いて驚いた、など様々な発表になりました。工夫したことが強みを弱くしたり、指摘されてこだわりが自社だけじゃないと気づきます。
 
使ってもらえればわかるのでは、困ります。
口コミがいいので買って下さいでは、営業は不要です。
お客さんに欲しくなる、必要に思ってもらうメッセージをスマートに伝える。作成のポイントは、
  1. 特徴を整理する
  2. 簡潔明瞭にまとめる
  3. お客視点でどのように役立つか考える
  4. 説明を何度も練習し磨く。

ありがちなのは、いい商品いいサービスを想いを込めて熱く語ってしまう。長い説明、くどい説明は、百害あって一利なしです。説明を聞いていただく時間はお客様の大切な時間です。貴重な時間を大切にする気持ちを持ちましょう。

30秒でまとめるためには、250文字ぐらいがいいでしょう。是非、チャレンジして下さい。

営業道場に興味がある方は、是非参加下さい

営業道場 http://eigyo-do.net/

平病院の認知症予防教室に参加しました

4月21日(土)、岡山県和気町の平病院で毎年、地域の方が参加する、第5回明るく楽しい認知症予防教室に参加しました。高齢者が50名ほどで、中にはお孫さんを連れてきている方もおられました。


まず最初に、吉備国際大学非常勤講師の高見博子先生から、「手・足・口を使って若返りをはなりましょう」と題して、脳を動かしながら学んでいきます。「ぐでぇ~」で体を緩め、「しゃきっ」で姿勢を正し、座りながらみんなで一緒にやってみます。高見先生の話術がとても楽しいため、みなさん夢中になっています。左右の指で、それぞれ違う動かし方をしながら数えていく、次に、左右の手を使い一人でじゃんけんをする、そして、手話をしながら歌を歌う。高見先生の普段の大学での学生とのやりとりを交えながら、笑いの絶えない時間が続きます。中には、大笑いが止まらない人もおられました。楽しさの中に、脳を動かし、身体を動かし、認知症予防に繋げています。人が笑ったり泣いたりする色々な行動は、脳の運動野と体性感覚野から指令が出ていて、その関係する身体の部分は指、舌、足が多くを占めています。今回の教室で、指、舌、足を動かすことで、認知症の予防になります。指を一緒に動かす合間には、もの忘れと認知症の違いの説明を入れて、身体を動かしながら、関連する知識も提供する無駄のないプログラムでした。身体を動かすだけでなく、笑うことで益々威力を発揮している予防ではないかと思います。

そして、次にHIS研究センターの石田章一代表の説明で、「すこやか検定」を行ないました。1枚の用紙の16問の3択問題にチャレンジです。「熱中症の予防で正しい物はなんでしょうか?」「動脈硬化の自覚症状は、どのような物がありますか?」など、3択なので簡単そうですが、悩む問題でした。やはり病気の知識となると簡単ではありません。しかし、自分のために知っておくべき知識の提供に繋がっています。
あっという間の楽しい時間でしたが、無駄のない様々な工夫が詰め込まれた内容です。参加された方も、特別なことではなく、普段の暮らしの一つの楽しみのようで、和やかな雰囲気でした。地域があってこその病院、普段の病院の姿勢が自然に伝わってきました。最初の挨拶で平茂郎常務理事が地域とどう繋がっていくか、よりよいサービスを共有するために事業体自体の情報発信に力を入れていると言われました。多くのスタッフの方が関わっておられ、みなさん熱心にサポートをしておられます。病院スタッフと地域の方の一体感が伝わる心地よい時間でした。

就活にむけた企業説明会

3月28日(水)、来期採用に向けて企業説明会を学校に訪問して行ないました。今回は、説明の半分を、3年前にこの学校からの卒業生が堂々と話してくれたことがとても嬉しく思いました。終了後は、自分の話した内容に反省しきりでしたが、それは冷静に誰のための時間かを振り返る余裕が生まれたからだと思います。学生には、弊社の紹介も話しましたが、就職するにあたっての心構えも伝えたつもりです。いい出会いを育てていきたいです。成長してくれると嬉しいけれど、もっと伸ばそうと気合いが入りました。覚悟してね。

思わず顔を出してしまう・・・・

覚悟して今、見えてきたもの(同友会の学び)

3月28日(水)、瀬戸大橋温泉やま幸で、中小企業家同友会の倉敷支部例会に参加しました。
報告事例は、金森株式会社の小塩由希子氏で「覚悟して今、見えてきたもの~同友会での私の学びと実践~」と題して報告がありました。
小塩由希子氏は、創業明治28年の金森株式会社の4代目代表取締役です。岡山県倉敷市で寝具・製造卸を事業とし社員数28名になります。ごく普通の会社員生活、のんびりとした子育ての途中、母親が社長を務める金森株式会社にパートとして入社。営業として全国に飛びまわるなど、熱心に仕事をこなしながら、それなりに満足した生活を送ります。姉は、小塩さんが入社する前から会社を支えていました。妹の私は、社長が元気なうちに姉に会社を引き継いで欲しいと考えていました。しかし、姉の姿勢に物足りなさ感じたり、承継する問題を先延ばしする態度に、会社の不安が深まります。そんな折に、予期していない母親から後継者の指名を受け、様々な葛藤しながら経営者となります。引き継ぐ中で、古参社員との確執が大きくなり悩みます。古参社員は業務を引き継ぎを依頼しても思うように引き継がない、自分の仕事へ執着する。一緒に仕事をした15年間で私を褒めてもらったことはありません。人にも厳しく、自分にも厳しい社員でした。引き継ぎは大きなストレスと、長い時間がかかりました。大変だったが、その古参社員との引き継ぎを通し、その社員の会社への愛情、仕事に対する強い姿勢は自分の心に深く刻まれたようでした。
その頃、同友会でしっかり学ぼうと、例会出席を自分自身に約束し、経営に向き合います。同友会での経営指針研修会で経営者としての成長を求め、受講します。何のために経営しているの?様々な犠牲もはらって何のために続けていくのだろう?姉がうらやましくなることもあり、社長になったことへ納得できず、悶々とします。それでも、期限をきめてやり続けます。他社の経営指針発表会に参加、他社の経営指針書を参考にし、自社にあった初めての経営指針発表会を行ないます。年間予定表、組織図、定期的打合せなど、やることが明確になり、社内はやりやすくなったと感じました。営業会議、現場の会議、社員主体でエコアクション21取得、目標をつくり打合せ、社員それぞれが動き、役目を果たしてくれるようになりました。
社員と経営者が一緒に学ぶの社員共育大学では、社員の同友会の活動への理解が深まり、同友会の考えに共感し社内で同友会での学びを発言しれくれるようにもなりました。新たなことをするときに反発もありましたが、変化していくことに、ありがとうという気持ちで一杯になり、だからこそ、責任を感じ始めました。
小塩さんは、出来なかった覚悟というものに気づいたと言われました。覚悟は自分自身で感じることで、教えてもらう物ではない。そう思ったときに、この金森会社という船から降りないという覚悟が決まりました。
経営指針書を作る研修を一緒に受講した同期生から、「小塩さん、頑固じゃけなー」と言われたそうです。その言葉が、ずっと胸に刺ささり、腹立たしくなります。そんなに気になる自分に、何故なのか考えると、それは、自分が認めたくない自分の本当のことを言われたからではないかと気づきます。経営者としていろいろな事に取り組んできて、社内の仕組みや雰囲気は変ってきたが、私自身はまだ変っていないのではと気づきます。
よりよい自己変革が出来ているのか?まだ数字は伴っていない!信じてやっていることが誤っているのではと、今でも迷い自信をなくすこともあります。3代目の先代である母親は、「3代目は会社をつぶす」と言われたが、継続できた。でも、社員を豊にしたとは思っていないと悔やんでいたと言います。小塩さんは、先代を引き継ぎ、喜ばれる仕事し、社員を豊にすると心に決めます。123年継続できたのは、奇跡かもしれません。でも、その根底に人との縁を大事にしてきた、仕事を通してたくさんの方との出会いを良い縁に繋げてきたからでは思いました。良い縁がよい結果をもたらすのだと思います。
ある言葉を紹介されました。「力があるから重荷を背負うのでない。重荷を担うから力がつく」という言葉です。あきらめず、勉強し、実行すること前に進むしかないと強く語ってくれました。
その後の、グループ討議のテーマは「あなたが思う経営者の責任とはなんですか?」で意見交換しました。報告のテーマ覚悟についてある方が「覚悟のレベルはわかりにくい、いろいろな経営者と話すことによって自分のレベルに気づくのかもしれないと思った」と感想を述べられました。とても印象に残る感想です。それぞれの覚悟の持ちかたは比べにくいものです。覚悟していると一言でいっても、その重さは様々でしょう。辞書で引くと、覚悟とは「困難なことを予想して、それを受け止める心構えをすること。迷いを去り道理を悟ること」とあります。小塩さんのいう、社員を豊にする、先代の思いを引きつぐ事は、決してたやすいことではなく、この多様な課題がある今の時代とても困難なことかもしれません。
座長を務められた門田悦子さんが、「誇りの持てる会社にする、先を見通す力を持つ、この責任をもつ覚悟をもつことが必要だ」と言われました。中小企業をめぐる情勢の変化は劇的に変ってきています。グローバル化、地域経済の疲弊、市場の成熟化、少子高齢化・人口減少などあげれば切りがないかもしれません。豊かになったような気になったいるが、本当にこの豊かさが幸せではないとみんな気づいているでしょう。こんな時代に、会社を維持発展させるには、経営者が先を見通す先見性をもち、さらに誇りの持てる会社に成長させるという、困難な課題に強い責任を感じ、自ら背負いたいと情熱があるか、それが、経営者の覚悟ではないか、そう強く感じました。