main

お客様の声

播磨大塩病院

播磨大塩病院

医療法人山伍会播磨大塩病院
http://oshio-hp.com/

【サイトの特徴】
兵庫県姫路市にある精神・神経科の専門病院。専門分野以外にも地域医療への取り組みの一環として、デイケアや訪問看護にも力を注ぎ生活支援など多くの患者様のニーズに応じられています。ホームページ制作委員会をお持ちで、インターネットを利用し精力的に情報発信されている病院です。

ホームページリニューアルをする事になった経緯を伺えますか?

播磨大塩病院

院長からホームページをリニューアルしたいと相談を受けました。一般の方、みなさんに精神神経科をより理解いただけるよう病院をアピールしたいと、今まであったページ全部を作り替えようと考えました。
業者が作るのではなく、職員が進んで考えられるよう、病院内にホームページ委員会を作りました。職員が、自信もって誇らしげに「うちの病院は!」と言える風土作りをする道具にしたい。
様々な部署が集まってホームページを作り上げるというのは職員のモチベーションを高める事に役立つと考えていました。

イケルを選んで頂いた決め手を教えて頂けますか?

一番の理由は、プレゼン資料を見て、ホームページ作りの専門家だなと感じたことでしょうか。実際には、ホームページ委員会で何社かのプレゼンをお聞きしました。ホームページ作りに慣れていない委員メンバーも、安心してホームページ作りができそうと全員一致で選びました。
他社はプロジェクターを使ったりいろいろ工夫されていましたが、広告会社のホームページ作り、システムソリューション会社のホームページ作りは、うちには合っていないと感じました。私自身は、これまでホームページ制作にいくつか関与した事がありますが、小さくて名もない会社でもホームページ作りを専門としている会社は素晴らしいんですよ!費用も安かったし…。
特に私は運用や保守についてどのようにお考えかを注意していました。作りっぱなしが嫌いなんです。いくら立派なホームページ作っても、更新されていなかったら誰も見ないじゃないですか?反対に、どんどんニュースや、お知らせが出ている病院のホームページは見ますからね。患者さんにとっても親切ですからね。イケルさんは、制作後の運用に大きく力を入れています。その内容がうちに合うだろうと思いました。

費用が安かったという事ですがホームページ制作、保守の費用などの印象はいかがですか?

これまで様々なホームページ業者と関わって来て、デザインや宣伝文言、企業価値や理念、見積もりなど色々な事を総合して妥当だと思いました。特別安いと思った訳ではないです。

ホームページを作成した後の変化

播磨大塩病院

例えば「今月のごちそう様」というページの連載を開始して栄養士さんが「これを撮って!」豪華な食事よりも「こういう物を撮って!」ワクワクしながら待ってくれているんです。他にも催促しなくても掲載する記事を持って来てくれるようになりました。
自分の病院を外に向けてアピールしようという動機が醸成されているんです。自分達で作るホームページというのは自分達の病院を自慢できる病院にしたい、自分達の病院を自分たちで守りたいという意識が根底にあるから出来るのではないでしょうか。

イケルのスタッフ印象はいかがでしたか?

電話したくなる対応をしてくれます。何て言えばいいか分からないですが、相談していると、新しいアイデアが出てきたり、こうしたらどうでしょうとアドバイスいただいたり。
そういったやり取りが、ホームページ作りを成長させているのかもしれません。
前に「このデザインは譲れません!」と言われたんです。こちらの言う事を聞いて欲しいのではなく、そういったポリシーを持っている人が好きなんですね。自分の仕事に責任を持ってるから、言える事だと思います。そういった事を言える方々にサポートしていただけるのは安心できます。

播磨大塩病院のホームページ委員会の様子

播磨大塩病院

播磨大塩病院では総合企画連携室が中心となってホームページ制作委員会を設け、多くのスタッフの皆さんでホームページの構成や内容を考えて頂いております。
近隣の方や遠方の方に、どうやって情報を発信すればホームページを見て頂く方に伝わるかという事を考えておられる素敵な病院です。