main

山下の一社懸命

社員と共にある会社(同友会の学び)

3月20日(火)、おさふねサービスエリアで、中小企業家同友会の例会に参加しました。

報告事例は、有限会社三愛の福崎守彦社長で「三愛は社員と共にある会社」をテーマに報告がありました。

学生時代は剣道に励み、多くの仲間に恵まれ、またキャプテンも務めます。そして、肉の小売りとして始まり、食肉、焼き肉屋、スーパー、ベーカリーなど美味しさを追求する有限会社三愛の4代目になります。家業としての引き継いできた伝統は、目の前のお客様を大切にし、頑張ることで売上を獲得し、利益は社員に分配すること。父のもとで現場で社員と接しながら仕事を進めて行く中で、現場をもっと理解したいと、社員を中心とした考えが深めます。学生時代のキャプテンとしての思考、社員をパートナーとして捉える中小企業家同友会での学びなどが大きく影響していきます。率先垂範という言葉を何度か使われ、ここに福崎社長の考えが集約されているのではないでしょうか。率先垂範とは人の先頭に立って物事を行い、模範を示すことになりますが、現場重視の考えの根底になるのでしょう。
しかし、社長交代してから、思うようにできません。理想だけをおっていると先代と何度もぶつかったといいます。部門の多さが弱みなんだ、社員に合わせて動くだけで迎合しているだけではないか、悩みも深く、経営も結果が出ない時期が続きます。現場はしっかりやっている、気づけば、経営課題を一人で抱え込み、自分一人で苦しみます。悪循環になると、結果が出ない社員に悩まされ、社員の気持ちも理解せずに行動を取ったことがあったといいます。悔やまれる行動に、うわべだけの覚悟がない自分を責めます。その苦しみこそ共有し、共に成長すべきだったのだと学びます。

多くの経験を積み重ねていくなかで、小さいことも声かけができる風土になり、理念の唱和や、イベントで社員と接する時間を増やすなど、思いを共有しつつあるようです。社員との信頼関係を築きながら、先日、経営者として、将来こうすると方針を宣言されました。早く、現場を離れる経営者になりたいと言われました。社員の教育を、率先垂範であれば、現場での姿勢も重要なことです。好循環が始まった、三愛を感じました。
理念に美味しさがある。美味しくないと買ってくれないが、社員が幸せでないと美味しい物が生み出せない。だからみんなで成長し、その思いを提供していきたいと、会社の目指す思いを共有し、力強さを感じました。

グループ討議では、聞き出すことの重要性を深めました。世の中も、社員の考えも、今日の正解が明日は、違ってくる。本気で社員に向き合う姿勢、そしてその能力を経営者は求められます。ある経営者は以前は仕事を見せることでいいと思っていたが、聞くことを重視し、コミュニケーションを深めると、いかに見せるだけでは伝わってないことに気づいたと言われました。共有することの難しさを痛感し、しかしそれを大きな役割として捉えるかで、コミュケーションの成果が変ってくるのでしょう。自分の意識は、自分だけで変えることは出来ないのかもしれません。自分の行動や考え方を磨いていく途中で、周りがそれを理解し、共感する関係を深めていく。その体験を重ねることで、経営者としての本物の責任を感じ、そして意識改革が出来るのではないかと思います。

福崎社長とは、経営指針書の研修会で一緒に学んだ仲間です。頑張る福崎さんはよく知っていましたが、力強さを感じた報告でした。

失敗と書いて成長と読む(同友会の学び)

2月15日(木)経営の勉強の場、同友会の経営者の報告および討議を行ないました。

フナキ運輸株式会社、奥田建志代表取締役社長のテーマ「失敗と書いて成長と読む、~過去は変えられる・未来はつくれる」の報告を伺い、「経営者の姿勢とは、どういうものか?」を討議の柱に、グループで討議を行なった。

奥田建志氏の、波瀾万丈な生き方、何事も素直に正直に行動されている中で、感謝の気持ちが自然と芽生えてくるところに、人としての大切な部分を感じた。

学校に片道2時間もかかる通学や、学業に対して不真面目な学生時代を通して社会人になる。様々な失敗をしながら、周りの人がうらやましく思えた時期も多かったいう。それでも、仕事には正面から向き合っていた。奥田氏の正面から向き合うというのは、会社のために貢献するということより、自分の気持ちに正直に社員としてどう感じるかが違うような気がした。そして、会社の危機を身近に過ごしながら、結果として会社に貢献し、期待をされる人財になっていく。そして、社員の視点をもつ奥田氏に次の経営者としてバトンが渡された。負債が多い、マイナスの会社を受け継ぐことは、誰もが請けがたいものである。苦労を承知の上、受け継ぎ、様々な苦労を、自ら進んでこなしていく。会社が駄目になっても、お百姓をすれば食ってはいけると開き直る強さが根底にはあった。社員への信用は、自分の働く背中を見せて、積み重ねていったのだと思う。経営はカンと運だと話されたが、カンを呼び起こすには、仕事がどのように人に役立っているのか、根本的に、スマートに行動が出来たらだと思う。運をたぐり寄せる能力は、そうした経験による積み重ねと、社員や周りに関わる取引先や得意先の信頼が増していくから、やってきたのだ。

社員に見せる現場での実務だけではなく、経営者の考え方をセミナーや書籍で学んでいる。その基礎的な経営者の姿勢の学びがあった。基礎的な学びを通し、人の意見を聞く前に、答えを持ち得たのだろう。そして、同友会での、経営指針を作るための研修で、考え方が変ったと言われた。今までの学びとは違う、その研修で学びは、ものごとには、本当の答えはないことに気づき、聞くことの大切さ、おもしろさを感じ取った。人は変化を嫌がり、変えることは隕石があたるぐらい難しいと表現された。学ぶことで答えを出せるようになったが、それだけでは、人を変えることは出来ないことを、腹に落とすことが出来たのだ。そして、自分が変ることへ視点が変っていく。そこに気づくことで、周りへの感謝の気持ちが増し、家族や、今まで関わった人たちがあってこそと、感謝の深みが増していった。知識として、学んだ得た事ではなく、自分の心が素直に感謝を感じたのだ。

人間らしい、素直な生き方は、役立ちを生み、信頼を獲得できるのだと、あらためて学ぶことになった。以前は、人に興味がなかったが、今は、興味を持って接する事ができるようになったと言われる。一番素敵なのは、やらなければならないと、させられているのではなく、楽しいから、行動している点だ。これは、経営者も社員も同じだろう。楽しいから、人に興味を持ち、人に興味を持つことが、社会で自分の役割や自分のあり方を見つける、生き方として大きなヒントだ。自分は楽しんで経営をしているか、そう投げかけてみた。

でこぼこを噛み合わせることで力になる(同友会の学び)

1月16日(火)経営の勉強の場、同友会の経営者の報告を聞いてきました。東備支部の池田 幸典 氏の報告で、テーマが「パワハラ店長が経営者の責任に目覚めた!~成文化研修会に参加して気付いたこと~ 」です。

  • 報告

池田さんは、小学校6年生の頃、叔父が経営する飲食店の影響か、自分の店を持ちたいと考えるようになります。家族との手巻き寿司で、自分が工夫をして作ると、喜んでもらい、褒めてもらったことを大変喜びに感じます。勉強よりも、お寿司屋さんをしたいと考えるようになりました。父が自営業で苦労したため、両親は独立に反対。しかし、自分を認めてもらいたいという思いからか、強い独立の思いがありました。

思い描いた独立は、オープン後、大繁盛する。ところが、お客様が多いのにしんどくなってくる。機械の不具合、お客様のクレーム メニューにない注文、業者の支払い、給与計算など、たくさんの事が重なり、また全部自分で抱え込み大きなストレスとなってくる。お客様の要望を断れない中、キャパをオーバーしていくと、早くしよう早くしようと自分だけが全速力で走っている状態になる。冷静に周りが見えていない状態だ。家族にもあたり、社員にもあたり、日々の作業が追いつかず、悪循環は加速していく。店の雰囲気も悪くなり、言葉の暴力をおこなった。現場が凍り付くこともあり、でも、お客様の褒められるとテンションがあがる。社員から、台風みたいな人といわれたことがあるという。

社員は、退職者がでては、募集をするの繰返し。でも、自分のやっていることを間違っているとは思っていなかった。俺が何とかしてやる。スタッフができなければ、最後は、もうええわ、自分がやるからといった繰り返し。社員の存在を否定し、俺が責任をとるんだからと口にした。スタッフの出来ていないところはすぐ気がつき、出来ない人ばかりが周りにいるような気がした。

それでも、人が定着しないことに不安が募ってきて、相手を変える努力をした。飲み会、ミーティング、前よりコミュニケーションを増やしていく。何で辞めるのと聞くと「会社の方向性がわからない 未来がわからない 休みが欲しい 出世できるのか?」不満があふれ出てきた。そんな中、何とかやりくりしていた経営も問題が出てくる。人件費がかかりすぎ、頑張っても、社員のやる気には繋がらず、悩みは深くなった。

そうして、同友会という場で勉強をし始めた。経営指針書を作る研修にいった。経営理念がなんとなくでき、ビジョンはわけわからない。サポートしてくれる経営者の質問の意味がわからず、自分の言葉がない、そんな研修を耐えていく。研修以外で、経営者の体験談や、経営者で討議する中で、だんだんと何か光が見えたような気がする。人の能力を強制せずに、自分の意思でのびのびとやれることが、人をいかすのではないか。いいところを伸ばしていくことが自分の仕事。でこぼこな部分がかみ合ったときに、会社の力になるんだ。

社員との信頼関係が全くないことに気づいた。社員を信じてなかった。先に社員を信じ、まかせることが出来ていなかった。経営指針書を作ったが、作ることよりも、考え続けていくことの重要性を感じた。経営指針書を作り直し、実践して行きたいと思う。大事にすることは、社員を守ること。数字を優先するのではなく、やりがいをもって社員が活躍することで、結果的に数字がついて行くと考えるようになった。

  • 感想

同友会で池田社長が、苦しむ姿を見てきました。経営指針書を作る研修でも悩んでいる姿を何度も・・。普段アドバイスすると、いつも素直に聞いてくれ熱心に向き合てくれる池田さんが、こんなに苦しみながら頑張ってきたことは驚きました。そして、考え方が変わってきたことはとても考えさせられる報告でした。誰でも、責任を感じ、目的にまい進するとき、周囲が見えなくなることがある。こうやらないといけないんだ、そう強く思えば思うほど、周りが見えなくなり、自分がもがくだけになるのだろう。経営者は周りをよく見え、方向を指し示し、正しい方向に導いていく責任がある。そして、でこぼこがかみ合ったときに、会社の力が出ると彼の言葉は印象に残った。多様な仲間が集まって、いろいろな能力が有機的に重なることで、その組織の特徴がでて、力が発揮できるのだと思う。デコボコを伸ばし、組織をまとめることが経営者の役割なんろうと感じました。また、研修を通し、作り上げることより、考え抜くことと、それをやることを学んだと話されました。彼の学びの深さに感動しました。

 

3分間スピーチ

イケルは毎朝3分間スピーチがあります。

毎日、行なっています。

聴衆のリクエストが日々強くなってきます。

え~

お~

きゃ~

といった衝撃のお話が増えてきました。

家族や親友にも明かせない赤裸々な事実の告白です。

3分スピーチがエスカレートしている、今日この頃です。

早朝話し方お稽古

話し方のお稽古を、毎月1回、早朝6時30から講師の先生をお招きし、行なっています。講師の先生は、この道、50年の古賀千恵子先生です。

毎回、テーマを決めていただき、皆さんの前で発表します。そして、いろいろと感想や意見をいただき、ブラッシュアップしていきます。

今回のテーマは「故郷」でした。最初は、難しいなと感じましたが、深く考えるといろいろな記憶が蘇ってきました。

スピーチ「故郷」やましたひでお

生まれ育った場所は、岡山県の矢掛町という小さな町です。子どもの頃、すぐに登れそうな山の中や、田んぼや畑、渡れそうな小川、そして小さな商店など思い浮かべます。扇風機があれば耐えられそうな夏、布団にくるまれば耐えられそうな冬、決して厳しい四季が訪れることがない、そんな中に順応していた子どもの頃。耐え抜く強靱な力を備える必要はない、ほどよい自然や、ほどよい人間関係。現状を受け止め、それを楽しみ、そこでなんとかしていきたい、そんな故郷に影響を受けてきたのだと思います。何にも特徴的なものがない、強烈な印象のない、穏やかなところが私の故郷かもしれません。
故郷に合わせたのか、少し大きくなっても、その環境の中で楽しむ自分だったような気がします。切り開いていくのではなく、調和をとって、その中で染まって行く自分。決して前にでて目立つような行動もしません。その環境の中で、役に立つ自分になろうとしていたような気がします。

故郷を自分にとっての原点と考えると、事実より心情が加わってきます。大学生時代は、親元を離れて関東地方の埼玉県上尾市で過ごします。一人で、学費を払い、働き、学びました。親がいつも守ってくれて、管理してくれたころからの転換です。仕事と自由な学校生活の狭間で、自分を見失えば、失うものが出てくる。一人で耐えること、一人で解決することを体験していきます。耐えるから、工夫を生み出し、逞しさを磨いたような気もします。大人の社会を体験し、喜怒哀楽を、仲間と一緒に過ごしてきた、場所は自分の原点です。町の住宅街で、毎日朝日を感じる事が出来る新聞配達をしていました。雨の日も、雪の日も、体で朝を感じました。写真などでとらえることが出来ない、日々の暮らしの中で、悶々と若いエネルギーを発散します。まだ薄暗い朝、線路そば通る特急をみて、これに乗ればふるさとに帰れるんだよなと、感傷にひたったことを思い出します。写真やビデオなどの記録にはない、自分の記憶にだけある、人たち、景色がたくさんいます。苦い思い出や、辛い思いで、人へのトキメキ、恐怖心、感激などいろいろな想いが、今の自分の感情の土台になっていると思うと、そこは大切な故郷です。

社内会議

社内で、新しいプロジェクトの品質について打合せを行なっています。私は蚊帳の外。少し寂しいですが、私は直後お客様のところに訪問です。

肉食女子

肉が食べたいと、社員みんなでベビーフェイスプラネッツというボリューム満点のお店に初めて行きました。女子会を意識したインテリア、いろいろなメニュー、ボリュームもすごい。しっかり食べて、いい仕事しましょう。

新しい保険証

社員が名前が明日から変ります。長い間親しんだ名前から、新しい名字に変る。

記念すべき最後の日のツーショット。

第33回経営者フォーラム

5月27日(土)の岡山県中小企業家同友会の経営者フォーラムの全体会で座長をつとめました。

 

報告者は、中同協社員教育委員長で岡山同友会常任相談役でもある岡山トヨタ自動車株式会社の梶谷俊一社長です。報告のテーマは「あなたの経営の目的は何ですか?~組織の力を最大限に発揮するために~」で、経営の本質を追究する内容でした。実績もお話される内容も、すごくてとても大きな存在の梶谷社長です。経営者フォーラムの座長という大役も重いものですが、梶谷さんの座長をさせていただくことは責任重大で、よく引き受けたなと思います。

 

報告は、岡山同友会の出会いから、組織論、人間とはと続き、最後は経営者としての役割についてでした。

同友会の学び方については、討議の意義、討議への向き合い方が印象に残っています。自分が聞きたくない、率直な意見を素直に受け入れる姿勢が、深い気付き、その気になる学び方ではないかと感じました。学び取ることが、人の成長に繋がるだろうと思います。関心の持ち方にも言及されましたが、関心を持ってもらう取り組みの重要性も感じます。

人間の多様性についても考えさせられました。多様な人がいるから価値を生み出す。一人一人が違うからこそ、違いを結びつけ、そこに価値を見つける。これからの、付加価値上げ方がここにあるのではと感じました。多様な価値観を受け入れる風土がないと、これからは企業は育たないのではとも感じます。

ユネスコの学習権についてもお話しになりました。同友会の目指すことは、人類にとって重要な課題を取り組んでいることをあらためて感じ、先見性を感じます。(学習権について下部に掲載しました。)

討議のテーマは「あなたは社員とどのように関わっていますか?あなたは『社員と対等な関係』とはどのような関係だと考えますか?」です。討議では、一人一人の持ち味、社員へ目線を合わせる、その気になるスイッチをいれる、会社での居場所をつくる、社員には理想がわからない、外から見ないと会社はわからないなど様々な意見交換が出来たようです。対等とは、何を基準に考えるか非常に難しい話になります。自分なりの意見をしっかりと持つことも求められるでしょう。目的を一緒に目指す、経営理念をめざし、それぞれの役割を果たす、そこには人間らしい環境がある。理想かな思うこともありますが、このギャップを埋めていく信念がなければ、実践できないと強く感じます。

 

座長は、全体会をとりまとめる重要な役割ですが、その中でも、報告や討議の発表を受けて、最後に全体のまとめが重要なところです。時間が押していたため、当初考えていた内容から、変更し思った内容を十分話せなかったと思います。それでも、梶谷さんの学び方、ものの考え方を我々はもっと真似ないといけない!そしてこんなに身近におられる先輩をもっと吸収しなければと言う強い思いを伝えました。また、同友会のバイブルである『労使見解』の奥の深さを痛感し、150人もの参加者に、生意気にも再度確認するよう強く求めたと思います。

大変緊張しながらも、なんとかやり遂げたことで、役割をいただけたことに感謝です。今回の役割も出来そうにないことを何とか形にする。100点とはいかないけれど、やってみることで課題や自分の可能性に気付く。この体験を、仲間や社員にも経験してもらい、成長してもらいたいと感じました。

 

 

 

ユネスコ「学習権宣言」 1985.3.29 第4回ユネスコ国際教育会議

学習権を承認するか否かは、人類にとって、これまでにもまして重要な解題となっている。

学習権とは、

読み書きの権利であり、

問い続け、深く考える権利であり、

想像し、創造する権利であり、

自分自身の世界を読み取り、歴史をつづる権利であり、

あらゆる教育の手だてを得る権利であり、

個人的・集団的力量を発達させる権利である。

成人教育パリ会議は、この権利の重要性を再確認する。

学習権は未来のためにとっておかれる文化的ぜいたく品ではない。それは、生存の欲求が満たされた後に行使するようなものではない。学習権は、人間の生存にとって不可欠な手段である。もし、世界の人々が、食料の生産やその他の基本的人間の欲求が満たされることを望むならば、世界の人々は学習権を持たなければならない。

もし、女性も男性も、より健康な生活を営もうとするなら、彼らは学習権をもたなければならない。もし、私たちが戦争を避けようとするなら、平和に生きることを学び、お互いに理解し合うことを学ばねばならない。

”学習”こそキーワードである。

学習権なくしては、人間的発達はあり得ない。

学習権なくしては、農業や工業の躍進も地域の健康の増進もなく、そして、さらに学習条件の改善もないであろう。

端的にいえば、このように学習権を理解することは、今日の人類にとって決定的な重要な諸問題を解決するために、私たちがなしうる、最善の貢献の一つなのである。

しかし、学習権は単なる経済発展の手段ではない。それは基本的権利の一つとしてとらえられなければならない。学習活動はあらゆる教育活動の中心に位置づけられ、人々を、なりゆきまかせの客体から、自ら歴史をつくる主体にかえていくものである。

それは基本的人権の一つであり、その正当性は普遍的である。学習権は、人類の一部のものに限定されてはならない。すなわち、男性や工業国や有産階級や、学習教育を受けられる幸運な若者達だけの、排他的な特権であってはならない。

本パリ会議は、すべての国に対し、この権利を具体化し、すべての人々が効果的にそれを行使するのに必要な条件をつくるように要望する。

同友会例会参加報告

岡山県中小企業家同友会の倉敷例会に参加しました。お隣の支部に、同じ支部で学んでいる経営者の横田さんの報告ということで、仲間を引き連れて学びに行きました。


横田さんは、ピアノの調律専門会社の創業者です。起業の経緯から、技術者としての気持ちと経営者への変換、社内での苦労の中で、自社のあり方を見つけてこられました。経営指針書をもとに社員と共に成長しはじめたところをわかりやすくお話しいただきました。

響いた言葉をご紹介します。

「社員は一生懸命やっていた」
いろいろと経営者として学びを深めていく中、問題は自分にあることに気付かれました。人は変えられないが自分は変えられる。数値に表れない行動は、受け手がどう気がつくかによります。気付く人、気付かない人。気付いていなかったけど、気付きはじめる。気付いていたけど、気がつかなくなる。心の目は移ろいやすいから、いつでも磨いてないといけないと感じます。

「プロなんだから結果がすべて、過程を褒められるのは小学生まで」
厳しいお言葉にビクッとしました。そうなんですよね。プロフェッショナルとしてお客様に期待されてお仕事をいただいているのです。経営者としての結果を考えてしまいます。過程は大事ですが、到達点にたどり着くのが目的です。勉強することが目的ではないように、目的な何なのか、頑張りましたと逃げてはいけません。

「少ない人数だから、言わないでもわかるだろう」
情報共有の難しさを語られました。大切な情報共有、簡単に思っていると大きな間違いを生み出します。わかっているのか、いつも確認できる関係、信頼関係をしっかりと構築し、なんでも言い合える風土を作りたいと思いました。

「1+1+1+1=2」
社員の足し算が少なくなってしまっては駄目だ。以前は、そうなっていた。組織は足し算したら多くならなければならない。付加価値をどうつけていくのか、実践をお話しになった。組織でいる意味を考えさせられました。

学び深い夜になりました。

ありがとうございました。