ブログ

第2回病院広報戦略セミナー開催いたしました

こんにちは。イケルです🙂
昨日1/18(金)、おかげさまで第2回病院広報戦略セミナーを無事開催することができました。   

第1部は、日本インターネット医療協議会事務局長・一般社団法人eヘルス協議会代表理事 の三谷博明氏に、ネット中継でのライブ講演をしていただきました。
新医療広告ガイドラインの概要と対応、またeヘルス認証についてのお話でした。

第2部は、前 社会医療法人石川記念会HITO病院広報担当・咲デザイン代表の大山幸一氏に講演をしていただきました。『広報や地域連携を活用した差別化連携戦略』と題して、三谷氏とはまた違う角度からの貴重なお話をお聴きする事ができました。

そして、参加者の皆様と懇親の時間を設けました。
今回ご参加下さったのが『病院』『歯科医院』『薬局』『医療機器販売』と幅広く、同じ【広報】という枠組みの中でも共通することと新鮮なことが混ざっていて、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。当初30分の予定でしたが、気づけば50分程経過していていました😊

 

 

 


ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。
スピーカーにハプニングがあり、少々聴き取りにくい場面がありました事お詫び申し上げます。
ホームページに関する「医療広告ガイドライン」について、ご不明な点やご相談がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
このご縁を機に、今後ともイケルをどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始休業とさせていただきます。
お客様にはご不便をお掛けいたしますが、
予めご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 

 

<年末年始休業期間>
20181229日(土)~201916日(日)

 

07

【保守ユーザーの皆様へ】WordPress 5.0 アップデートに関する大切なご案内

本日は保守ユーザーの皆様へ、 WordPress アップデートに関する大切なご案内です。

 

12月7日、WordPress 5.0 がリリースされました。

今回のアップデートを実行すると、一部の機能(プラグイン)が正常に機能しなくなる可能性があります。

これは WordPress が新しい投稿方法を採用した影響であり、バグ(障害)が発生しているというわけではございません。

 

必要に応じて、弊社にてアップデートいたしますので、お客様の方ではアップデートされない様、お願いいたします。

また、既にアップデートされてしまった方につきましては、こちらで不具合が発生していないか確認いたしますので、一度ご連絡ください。

 

WordPress 5.0 確認方法

  1. WordPress 管理画面にログイン
  2. ダッシュボードの「概要」コンテンツ「WordPress」左に記載されているの数字(下図の赤枠部分)を確認
  3. 数字が「4.」で始まる数字であれば問題ありません。「5.」で始まっていたら、一度ご連絡ください。

 

よろしくお願いいたします。

みわ記念病院様 定期打合せに行ってきました

こんにちは。イケル中原です。久しぶりの「ご訪問日記」です

今日は、岡山県浅口市の『みわ記念病院』さんへ定期打合せにお伺いしてきました。

ホームページの担当をしてくださっている柚木さん。
なんと!この年の瀬に!20年ご愛用だったガラケーを手放され!ついに!スマホデビュー

お会いした時から「変えないんですか?」と聞き続けてたのですが(笑)

これで、ホームページを『スマートフォン』で見た時の確認をしていただけますね

来たる2019年の目標は…『お嫁さん』だそうです
次回のご訪問から聞き続けなければいけません(笑)

 

イケルのレギュラー保守プランは、2ヶ月に1度打ち合わせをいたします。
真剣なお話の時もあれば、このように和やかなお話ができるところが私どもの楽しみのひとつでもあります。

************

医療法人みわ記念病院 HP:http://miwahp.com/miwa.html

医療法人 みわ記念病院「さつきの里」HP:http://satsuki.miwahp.com/

************

お客様の声を更新しました

お客様の声に、参伍捌(さごはち)様、珈琲工房サントス様を追加しましたので、ご覧ください。

お客様の声

問題児は社長、変るときがきた(同友会の学び)

11月22日(木)、岡山国際交流センターで、中小企業家同友会の岡山南支部例会に参加しました。
報告事例は、有限会社ヒカリシルクの黒田英利代表取締役で、「問題児は社長、変るときがきた!!」と題して報告がありました。日頃の明るく誠実な黒田さん体験報告に40名ほどの会員が集まりました。
 
黒田氏は、昭和59年父親が創業したシルクスクリーン印刷業を後継し、今の有限会社ヒカリシルクの代表取締役です。平成6年に社員として入社し、実務をこなし、平成25年に代表取締役に就任しました。取引先の下請けで創業した経緯もあって、売上げの中心がその下請け業務です。当初はありがたいことに、安定した仕事があり、目の前の仕事をこなすことが中心でした。忙しさを理由に、経理の管理はおろそかになりがち、そのうちに外部環境の影響に翻弄するようになります。印刷業務全体が分かっていたことで、事業継承についても特に意識せず、やることが何も変らず、ただ役職が変ったような感じです。社長になっても財務は改善せず、外部環境を理由にしていました。何をすべきかわからない、社長の仕事って何か自問する日々を過ごします。
そんな折に、中小企業家同友会で経営指針書に出会い経営者のやるべきことがこれなのかもと思います。同友会で、自ら進んで、先頭にたって実践するより、経営者仲間に様々なアドバイスを素直に受け止め自分の問題を気づく学び方が始まりました。そして、6ヶ月の研修、「経営指針成文化研修会」で会社の経営指針書づくりに励みます。何をすべきか定まっていない経営者、アドバイスを真摯に受入れる黒田氏に、アドバイスは激しいものがありました。何のために経営しているのか?会社の存在意義はなにか?大切にしている価値観?人生観は?取引先や顧客に対する基本姿勢は、社員に対する基本姿勢は?、地域社会には?など経営者の姿勢を鍛えられます。何も答えを持たない自分に落ち込むこともあったといいます。なんとか形にした経営指針書ですが、社内発表もなかなか実施することが出来ず時間をかけます。社員からすれば、いままで聞いたこともない経営指針発表など目的すら分からない状態で開催することになります。社員の感想は辛辣でした。「私たちがどのようにしたらいいかわからない」「社長の思いの空回りしている」「社長の思いを伝えて欲しい」「現実的でない」「理想論だ」「実際には決めたことすら何も出来ていない」「危機的な状況なのに」率直な社員の意見に、悔しい気持ちがこみ上げてくる反面、社員は真剣に会社に本気で向き合い感想を言ってくれるありがたさも感じます。
すぐには社員との気持ちの共有は出来るはずもなく、ベテラン社員の退職など苦難は続きました。自分が言ったことが実践できない、それでも社員のためにと思ってやることが理解されない、気持ちは揺れ続けます。成長の過程であるヒカルシルクはこれから、学び続けながらも、アウトプットをしっかりすると言い切ります。学んだつもりになって誰もわかってくれていない。それは、自分がアウトプットをすることを怠ってきたからだといいます。行動しないと変らない。社員の危機感をもっと受入れ、社員が安心して働ける居場所づくり、社員を虫眼鏡で見るように、行動を尊重し我慢強くもやさしく向き合っていきたい。自分に言い聞かせるように、次の6つを鍛え上げると言われました。
  1. 聞く力
  2. まとめる力
  3. 行動する力
  4. 決断する力
  5. 連携する力
  6. 伝える力

社員と共に育つことが重要で、社員が色々と意見してくれることが幸せに感じるようになったと言います。今では最近入社した社員が新しい風をふかせ、いい兆しが見えてきたそうです。将来、5年後10年後、このときの気づきや思いが懐かしく思えるよう、しっかり成長していきたいと照れながら終わりました。

グループ討議は「あなたは同友会に入る前と入った後で何が変りましたか?また学ぶことで何を変えたいですか?」で5人のグループで討議を行ないました。経営を学ぶ理由は、何を学びたいか明確になっていないことが多いようです。黒田さんと同じく何かを変えたい、変えることが分からない、そういった漠然と不安感の中で学びに進んでいます。何がやりたいか、何が課題かわからない。それでも目の前に仕事(やること)があることは幸せなのかもしれません。しかし、やるべき事が明確でないと、自主的に物事は考えにくくなるでしょう。ただ目の前に流されていく危険をはらんでいます。成り行き経営の姿があります。経営を学びだして、「何為に経営をしているを初めて考えた」と発言される方がいました。大多数がそうなんじゃないでしょうか。事業継承でも目の前の製造や顧客対応が中心になってしまう。顧客に役立つ行為をすることを最終目的とすると、大切なことが見えなくなってくる。何のために経営するかを考えた上で、自分の行動パターンが変ったと意見がありました。習慣がかわる、経営者が何をすべきか見えないといけない。行動パターンが変ると実践の仕方も変ってきたと言います。同友会は経営者の体験談や経営者同士の討論が学び方の中心になります。様々な体験や考えに触れ、そして自分事として考えるときに、気づきがあったと言います。同友会は学ぶことを学ぶと言いますが、まさに自分で気づいてこそ実行に移せる学びなのだと思います。実践する上で、どうしても新しい方針や新しい考えを伝えると反発に合うようです。多くは、そのアイデアに、リスクや不安を持ち、ブレーキをかけます。反発にあえば、経営者の決断が揺らぎ、強い思いや根拠が薄いと実行に移せません。人は皆、変化を恐れるものです。決断が揺らがない根拠や理由、さらには信頼関係の構築など必要になるでしょう。
 
最後の、黒田さんの補足説明をご紹介します。目先のことばかり追っている自分がよく分かる。会社の会話もそれだけ。急ぎを急いでやる。でも大切なのは、急ぎでないが重要なこと、本当にやるべき事を社員と話し合って行なうこと。それが成長するキーワードじゃないか。社員への押しつけではいけない、自分が変ることによって会社をよくしていく。小さな事でも成果を出していく、その積み重ねが成長に繋がる。
 
 

初めての納品

こんにちは!

インターン生の内田です😊

今回は初めて納品の現場に同行させていただきました。

私は今まで、「納品って何だか堅苦しそうだな😰」という

イメージがあったのですが、

そんなことは全くなく、雑談を交えながら

凄く柔らかい雰囲気の中行われていました。

 

また、中田さんは納品の際、

指をさしながらの丁寧な説明や

「何か気になる所はありますか?」とこまめにお客様に聞くなど、

細かい気配りで溢れた対応をされていました☺

 

実際に納品の現場に行くという機会は中々無いので、

この経験はとても貴重だなと強く感じました。

 

納品に同行することが出来て、本当に嬉しかったです

 

 

制作事例を更新しました

こんにちは。イケルの中田です。

制作事例を新たに4件追加いたしました。

 

【オリジナル】
・株式会社プティ・リス 様
・珈琲工房サントス 様

 

【テンプレート】
・参伍捌 様
・株式会社ルッソ 様

 

ぜひご覧ください♪

OIC業界研究講演会

10月29日(月)岡山情報ビジネス学院のWebデザイン学科1年生に「業務事例のご紹介と、Web業界のトレンドご紹介 仕事の醍醐味などについて」講義をさせていただきました。50分間でしたが、質問が多くて超過するほど学生さんの熱心なこと。会社のこと、ホームページ制作会社の業界について、やりがいについて、弊社が求める人材、目標づくりについてお話ししました。質問は業界についてや、起業したこと、社会人の離職率などとっても熱心。学校のブランドはこういった生徒がつくっていくんだろうな~と、将来が楽しみな若者たちでした。また、出会いたいですね。

制作事例&お客様の声を更新しました

こんにちは。イケルの中田です。

制作事例を新たに2件追加いたしました。

 

【テンプレート】
・金光珠算塾 様

 

【マンツーマン】
・orange smile 様

 

 

また、制作後アンケートにお答えいただいた「お客様の声」も更新しておりますので、ぜひご覧ください♪