main

営業道場 短い言葉で伝えるチカラ

6月6日(水)毎月定例の営業道場です。7名で岡山駅前のウェーブハウスビルディング19時から2時間学びました。
今日のテーマは、営業の基礎基本の中の「自己・自社を紹介する」です。優秀な営業は、短い言葉でさりげなく紹介することができ、その上でお客様が質問したくなるように場を作ります。それには、商品サービスの基礎知識は当然ですが、お客様の視点や立場を理解できないと的外れになります。競合他社を研究し、自社商品の特徴メリットを明確にすることも営業の能力です。
 
参加者に、自己自社商品のPRを30秒にまとめてもらい発表してもらいます。注意点として
  1. 自社製品のこだわりは自社だけでない、他社もこだわっていることを忘れないで
  2. そのこだわりは他社と比較したときにあまりにもわかりにくい
  3. 小学生にわかるように説明して欲しい、
5分間で仕上げた30秒のPRを参加者に発表してもらいました。子どもに合わせてやさしくまとまったもののフンワリして印象が薄れたり、そのこだわりは同業者も同じと指摘されたり、すぐに欲しいなと思う商品にうなずきながら聞いたが最期に価格を聞いて驚いた、など様々な発表になりました。工夫したことが強みを弱くしたり、指摘されてこだわりが自社だけじゃないと気づきます。
 
使ってもらえればわかるのでは、困ります。
口コミがいいので買って下さいでは、営業は不要です。
お客さんに欲しくなる、必要に思ってもらうメッセージをスマートに伝える。作成のポイントは、
  1. 特徴を整理する
  2. 簡潔明瞭にまとめる
  3. お客視点でどのように役立つか考える
  4. 説明を何度も練習し磨く。

ありがちなのは、いい商品いいサービスを想いを込めて熱く語ってしまう。長い説明、くどい説明は、百害あって一利なしです。説明を聞いていただく時間はお客様の大切な時間です。貴重な時間を大切にする気持ちを持ちましょう。

30秒でまとめるためには、250文字ぐらいがいいでしょう。是非、チャレンジして下さい。

営業道場に興味がある方は、是非参加下さい

営業道場 http://eigyo-do.net/