main

覚悟して今、見えてきたもの(同友会の学び)

3月28日(水)、瀬戸大橋温泉やま幸で、中小企業家同友会の倉敷支部例会に参加しました。
報告事例は、金森株式会社の小塩由希子氏で「覚悟して今、見えてきたもの~同友会での私の学びと実践~」と題して報告がありました。
小塩由希子氏は、創業明治28年の金森株式会社の4代目代表取締役です。岡山県倉敷市で寝具・製造卸を事業とし社員数28名になります。ごく普通の会社員生活、のんびりとした子育ての途中、母親が社長を務める金森株式会社にパートとして入社。営業として全国に飛びまわるなど、熱心に仕事をこなしながら、それなりに満足した生活を送ります。姉は、小塩さんが入社する前から会社を支えていました。妹の私は、社長が元気なうちに姉に会社を引き継いで欲しいと考えていました。しかし、姉の姿勢に物足りなさ感じたり、承継する問題を先延ばしする態度に、会社の不安が深まります。そんな折に、予期していない母親から後継者の指名を受け、様々な葛藤しながら経営者となります。引き継ぐ中で、古参社員との確執が大きくなり悩みます。古参社員は業務を引き継ぎを依頼しても思うように引き継がない、自分の仕事へ執着する。一緒に仕事をした15年間で私を褒めてもらったことはありません。人にも厳しく、自分にも厳しい社員でした。引き継ぎは大きなストレスと、長い時間がかかりました。大変だったが、その古参社員との引き継ぎを通し、その社員の会社への愛情、仕事に対する強い姿勢は自分の心に深く刻まれたようでした。
その頃、同友会でしっかり学ぼうと、例会出席を自分自身に約束し、経営に向き合います。同友会での経営指針研修会で経営者としての成長を求め、受講します。何のために経営しているの?様々な犠牲もはらって何のために続けていくのだろう?姉がうらやましくなることもあり、社長になったことへ納得できず、悶々とします。それでも、期限をきめてやり続けます。他社の経営指針発表会に参加、他社の経営指針書を参考にし、自社にあった初めての経営指針発表会を行ないます。年間予定表、組織図、定期的打合せなど、やることが明確になり、社内はやりやすくなったと感じました。営業会議、現場の会議、社員主体でエコアクション21取得、目標をつくり打合せ、社員それぞれが動き、役目を果たしてくれるようになりました。
社員と経営者が一緒に学ぶの社員共育大学では、社員の同友会の活動への理解が深まり、同友会の考えに共感し社内で同友会での学びを発言しれくれるようにもなりました。新たなことをするときに反発もありましたが、変化していくことに、ありがとうという気持ちで一杯になり、だからこそ、責任を感じ始めました。
小塩さんは、出来なかった覚悟というものに気づいたと言われました。覚悟は自分自身で感じることで、教えてもらう物ではない。そう思ったときに、この金森会社という船から降りないという覚悟が決まりました。
経営指針書を作る研修を一緒に受講した同期生から、「小塩さん、頑固じゃけなー」と言われたそうです。その言葉が、ずっと胸に刺ささり、腹立たしくなります。そんなに気になる自分に、何故なのか考えると、それは、自分が認めたくない自分の本当のことを言われたからではないかと気づきます。経営者としていろいろな事に取り組んできて、社内の仕組みや雰囲気は変ってきたが、私自身はまだ変っていないのではと気づきます。
よりよい自己変革が出来ているのか?まだ数字は伴っていない!信じてやっていることが誤っているのではと、今でも迷い自信をなくすこともあります。3代目の先代である母親は、「3代目は会社をつぶす」と言われたが、継続できた。でも、社員を豊にしたとは思っていないと悔やんでいたと言います。小塩さんは、先代を引き継ぎ、喜ばれる仕事し、社員を豊にすると心に決めます。123年継続できたのは、奇跡かもしれません。でも、その根底に人との縁を大事にしてきた、仕事を通してたくさんの方との出会いを良い縁に繋げてきたからでは思いました。良い縁がよい結果をもたらすのだと思います。
ある言葉を紹介されました。「力があるから重荷を背負うのでない。重荷を担うから力がつく」という言葉です。あきらめず、勉強し、実行すること前に進むしかないと強く語ってくれました。
その後の、グループ討議のテーマは「あなたが思う経営者の責任とはなんですか?」で意見交換しました。報告のテーマ覚悟についてある方が「覚悟のレベルはわかりにくい、いろいろな経営者と話すことによって自分のレベルに気づくのかもしれないと思った」と感想を述べられました。とても印象に残る感想です。それぞれの覚悟の持ちかたは比べにくいものです。覚悟していると一言でいっても、その重さは様々でしょう。辞書で引くと、覚悟とは「困難なことを予想して、それを受け止める心構えをすること。迷いを去り道理を悟ること」とあります。小塩さんのいう、社員を豊にする、先代の思いを引きつぐ事は、決してたやすいことではなく、この多様な課題がある今の時代とても困難なことかもしれません。
座長を務められた門田悦子さんが、「誇りの持てる会社にする、先を見通す力を持つ、この責任をもつ覚悟をもつことが必要だ」と言われました。中小企業をめぐる情勢の変化は劇的に変ってきています。グローバル化、地域経済の疲弊、市場の成熟化、少子高齢化・人口減少などあげれば切りがないかもしれません。豊かになったような気になったいるが、本当にこの豊かさが幸せではないとみんな気づいているでしょう。こんな時代に、会社を維持発展させるには、経営者が先を見通す先見性をもち、さらに誇りの持てる会社に成長させるという、困難な課題に強い責任を感じ、自ら背負いたいと情熱があるか、それが、経営者の覚悟ではないか、そう強く感じました。