main

山下の一社懸命

女性の品格2

女性の品格 板東眞理子著

414G2N42YKL._SX298_BO1,204,203,200_

昨日に続いて、本文をピックアップしながらご紹介します。

◆マイナスイメージの言葉を使わない。私はいつもどじで、どうせ私なんか、いつも足を引っ張ってばかり、もう歳だから、などと自分を卑下しすぎるのは良くない。自分に対して良くしようという気力が感じられない。自分自身は、かけがえのない存在として侵すべからず人権を与えられているのです。少しでも自分を磨き、人のためになることを努力する、投げやりな発言は品位を落とします。

自分の存在、自分を冷静に評価することも大切です。ポジティブな発言こそが品位ある行動だということなのでしょう。良く振り返れば、私もマイナス的な発言をしている・・・

◆不完全で自分をありのままに告白して、あるがままに認めてもらおうというのは、とても不遜きわまりない態度です。そうしたところを見せないように心がける。いいところを見せるよう努力することが品性を高める。どんな立派な人でも成功した人でも、一皮むくと弱い部分、情けない部分、どろどろした部分がある。そうした弱点があるのが人間です。居直るのではなく、いかにして努力するかが重要だ。逆にそういう努力はしんどい、めんどくさい、わたしにはできないと諦めてしまうと品格のない人間になる。

誰もが、認めて欲しいと心から願うものです。なんでもかんでも、認めてあげることが最優先ではないと思います。認めてもらえる人になること、認めてもらえる人になろうと努力することが重要だと思います。

◆ご先祖を大事に、生命の連続を感じること。過去を振り返らない、今が良ければいいんじゃないのという生活態度は品位を感じない。私たちの現在の暮らしは過去と未来の間に存在する。

今が良ければいいじゃんというのは、刹那主義のことですね。与えられるばかりの環境では、自分の役割ややり甲斐は見いだせないかもしれません。そんな環境に埋もれると、当然の権利を振りかざす知識を得ても、その環境への感謝に気づかないような気がします。

弊社も女性ばかりの職場です。うちの女性が品格があるか考えてみると、なるほど、著者の板東さんの言葉にあることも多く出てきました。嬉しいし、ホッとします。「見られているところで頑張る人が多いが、見ていないところでどれだけできるか、手抜きをしないかが品格のある仕事に結びつく」陰で良くやっているところに気づいたり、家庭やお休みの中から、仕事のヒントをもってくることも多いなと感じています。陰でしっかり仕事をするのが常識だと思っていると誤解されると困りますが、普段の生活の中でよい習慣を身につけて欲しいし、自分の仕事に対して責任と誇りを持っているからそうなるんじゃないかなと思っていますが、どうでしょう?

そして、著者の板東さんは、「ユーモアを解する」「品格の重要な要件の一つに、ユーモアが分る。自然で明るく、わざとらしさがない。些細なことをおもしとがる、小さな発見や意外性や驚きを楽しむ、向きにならないでとぼけた味を出す。」というところは、弊社の女性のことだ。楽しそうに仕事しているときも多いです。でも、「愚痴をいわないこと。それが通じる心意気で、ユーモアに繋がる」とも書かれている。ちょっと課題発見だ。

女性達が職場の管理職に就き。政策決定に参加したり、どんどんと活躍するのは大切なことです。女性だから、これからは女性を起用するのがはやりだと、短絡的に考えては駄目でしょう。この「女性の品格」を通して、どんな女性に成長してもらうか、女性に限らず、どんな人間的な成長を問われているか考えさせられました。品格のある仕事をすることで、社会に求められる、必要とされる会社となる。品格ある国家は、品格ある個人からと言われます。品格ある会社は品格ある個人からに繋がります。自らも常に磨きをかけて品格のある人だと言われるようにならないとと思います。

 

女性の品格1

お客さんが廃棄しようとした本を年末にいただきました。20年も前に書かれた本ですが、期待値以上の中身で、お薦めの一冊です。

女性の品格 板東眞理子著

414G2N42YKL._SX298_BO1,204,203,200_

内容は、有能な管理職を目指す女性ではなく、真のリーダーとなる女性のために綴られています。品格ある暮らし方、品格ある装い方、言葉や話し方というハウツー的なものから、生き方や行動規範に関わるものまで盛り込んであります。そのため、時に熱く哲学的な考え方に納得しながら、さらりと現代のマナーもポイントを押さえてまとめられ一気の読める内容です。

あらためにて、品格って何でしょう?
インターネットで調べると「その物から感じられるおごそかさ。品位」とあります。

では、おごそかさとはなんでしょう?
インターネットで調べると「いかめしく,近づきにくいさま。威儀正しく威厳があるさま。」

では、品位とはなんでしょう
インターネットで調べると「見る人が自然に尊敬したくなるような気高さ,おごそかさ。品。」

何となく分ったようで、難しい曖昧な感覚の言葉が並びますね。

「女性の品格」には、わかりやすく納得する言葉で綴られていますので、紹介しましょう。

◆人間個人としての品格とは、正義感、責任感、倫理観、勇気、誠実、友情、忍耐力、持続力、節制心、判断力、決断力に富み、優しく思いやりのある、そういった美徳が品格ある人間である事に重要な要素である。

つまり本質的にかっこいい、憧れる、映画やドラマの主人公に求められることでしょうか。人としていいな、素敵だなと心から感じられる原則かもしれません。

続いて、品格について何故女性を対象にしたのかは、次のように書かれています。

◆現代の社会の中で女性の生き方、役割が大きく変わり、新しい美徳が求められている。現実に、高度成長期の日本は、男性の権力志向、拝金志向、従来の男性の価値感などが支えてきているところがあった。そして、今、人間を大切にする女性らしさを社会や職場に持ち込んで欲しいと訴えます。地球環境の問題、高齢化、科学技術の進歩による新しい問題のなかで、社会がどうあるべきか、どう生きるべきか、自分たちの幸せだけを考えるのではなく、地球レベルの女性の品格が求められているのだと。昨今は、ワークライフバランスが当たり前のテーマになってきました。

「誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。」(内閣府:仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章:)

女性の品格向上が、より社会にあった地域作り、企業作りの要素になるのです。少し、重い深い内容になりましたけど、考え深いです。続いて、少しハウツー的な一面を紹介します。

◆記念日を大事にすることが大切。誕生日、記念日、大切な想い出の日、感動した日などを大切に思う気持ち。過去を振り返らない一つの美学をおうのではなく、人生は一日一日の積み重ねであり、かけがえのないこの日こそが人生そのものと思い、一日一日をいとおしむ気持ちを持ちましょう。

確かに、多くの女性が記念日を大切にしています。弊社の社員も大切にしています。そういった個々の想い出を大切に想い、それに感謝する気持ちが醸成するような職場環境も必要なのでしょう。

つづく

宇都宮恒久氏講演会、新春経営講演会

1月29日にお話を聞かせていただく、宇都宮恒久氏は、テレビ番組のカンブリア宮殿や「日本でいちばん大切にしたい会社3」(坂本光司氏著書)に掲載され理想を求めて「しあわせを乗せる」タクシー会社をつくった社長として有名な方だ。

あらためて、「日本でいちばん大切にしたい会社3」を読んだ。

51tRELcubFL._SX346_BO1,204,203,200_

宇都宮社長は秩序が乱れ、労働争議が人心を荒廃した会社を引き継いだ。新しい組織に一新するべく戦うことになる。即戦力欲しさの経験者優遇から、未経験者の採用に舵をきる。
業界では非常識な、未経験者だけを採用する方針を貫くことになる。採用した社員には、教育の制度化に教育ビデオの作成、理念の話を徹底、社長の考え方を何度も話す。そして、先輩が後輩に教える風土の形成を築き上げ、見事に社風を作り上げる。

会社理念の「お客様が先、利益はあと」を徹底し、この考えを続けて7か月でやっと黒字に変わることになる。本当のお客は、相手の言葉に心があるかどうか敏感だ。お客様第一主義という代表者の綺麗ごとではなく、お客様第一主義という理念が社員の心に育っている。その風土は、自然と、社員が向上心をもって働かないと、仲間からおいて行かれると意識し、緊張感をもって仕事を可能にする環境なのだ。社員の人生観を変えていくという。社員の入社希望動機は、いい会社だと思っていることや、知人や親族に勧められたことである。地元に愛されている会社作りを形にしているのだ。

また、お客様という定義も奥深く考えつくされている。
「お客様とは、自分以外のすべての方、われわれの生活を支えてくださる方々、われわれの足りない部分を教えてくださる人生の師と定義」
そして、利益の定義は「利益の本質は革新料、心からの満足料、利益は周到な計画と頑固な意思によって拡大する」などだ。

また、経営者として思いがあっても容易く実践できないことにイノベーションである。業界の非常識、業界から冷たい仕打ちを受けながらも、理念に沿うことを貫いて、イノベーションを起こしている。時代の変化に対応する実践力は初めは誰もが非常識と考えるものなのかもしれない。

最後に、宇都宮社長は、「自分の経営思想が反映できないような人間は経営者ではない」と言い切るのだ。経営者は哲学を語れと言われたことがあるが、まさにそのことであろう。理想を貫いて、理想を絵空事にすることなく、形にすることが本当の経営者なのだ。

1月29日の宇都宮氏を感じたい学び取りたいとわくわくしてきた。

≪新春経営講演会≫

■日程:2016年1月29日(金) 18:30~21:45
■場所: 岡山ロイヤルホテル(岡山市北区絵図町2-4 ☎086-255-1111)
■テーマ:「お客様が感動し社員が躍動する会社づくり ~日本で最も「ありがとう」が飛び交う会社~」
■参加費:記念講演+祝賀パーティ6,000円(記念講演のみ2,000円、祝賀パーティのみ5,000円)
■参加資格 経営者、後継者、またそれに準ずる方はどしどしご参加ください。

申し込みは 岡山県中小企業家同友会ホームページ

例会作り

私が学んでいる、中小企業家同友会には各地区で、毎月例会と称して、勉強会を行います。

その例会の基本構成は、経営者の体験を報告し、それに基づき経営者同士が討議(ディスカッション)を行うことで、課題やヒントをつかむというやり方です。

今夜は、所属している支部の隣の支部、倉敷支部での例会作りに参加しました。昨日は、自分の報告でみなさんにプレ報告と言って予行演習の報告をしましたが、今回は聞き手になります。たまたま、今回の報告者が親しくしている経営者という事もあって、飛び入りの参加です。報告は、1月21日(木)ですが、その予行演習になります。

30分程度の報告ですが、過去の経営体験に基づき、話をまとめます。次のようなイメージです。

・課題があって、こんなことを試みた
・こんな試みをしたら、こんな改善が得られた
・こんな課題にたいし、こう対処している
・こんな問題がおきた 今後こうしたいと考えている

今日の報告者も10年の間に多くの課題を克服するために、四苦八苦しながら、あることが改善に繋がってきたという話です。

もがき続けながら、頼るところは仕事のパートナーである社員であって、そこが大きな気づきになります。

あまりにも身近で当たり前の存在の大きな価値や感謝を心から感じる場面では、感情が高ぶってきます。

振り返り整理してみると、苦しさや感謝が読が得てくるもの。その時は必死で頑張っているため、見えないことも多いのも。

なかなか、いい報告になりそうな予感がします。

IMG_0688 IMG_0690

報告の打合せ

今夜は、私が報告をさせていただく、1月21日の同友会1月例会打合せを弊社で行いました。

8人も集まっていただき、プレ報告(本番前の予行演習)を聞いていただきました。

創業して6年、過去の変遷を振り返ると、その時に気づかなかった原因や変化を感じ取ることが出来ます。

ここ1,2年の弊社の元気はどこにあるのか、何故なのか、30分で報告させていただきます。

12484871_1306351846057219_4531439320753525160_o

経営者や組織の代表のかた、または後継者など無料にて参加できます。(例会後の懇親会は別途費用が必要です)

ご興味ある方は、是非ご連絡下さい。

日時 2016年1月21日(木) 18:30〜

場所 岡山国際交流センターにて「新会員さんのための同友会の活かし方講座」として開催されます。

同友会岡山南支部例会

複写はがきのひかえ

今日は、第95回岡山営業道場でした。5人での鍛錬でしたが、新春初めての大きな学びがありました。

営業の奥深さと、楽しさを感じるテーマでした。

意見交換ではがきの効果、使い方について色々な取り組みの紹介がありました。

簡単なことをこつこつ、人が出来ないことにする!

簡単なことが出来ていないことを反省します。

嬉しいことに、参加者から、複写はがきのひかえというノートをいただきました。

お礼状のはがきを書くときに利用し、書いたことを手元に残す道具です。

カーボン紙が必要で、今夜は利用できませんでしたが、また活用したいと思います。

ありがとうございました。

IMG_0670

経営者のバイブル

経営者の勉強の場である中小企業家同友会に入会して6年目になろうかと思います。

そこで、はじめの頃は、何も分らなかった理解を深めようとも思わなかった「労使見解」という言葉があります。

それを、すぱっとまとめ上げたのが、同友会の「人を生かす経営(この中に労使見解があります)」です。

何年も前は、読んだふりをするだけだったのかもしれません。いいこと書いているな程度の感想でした。

今では、その内容を噛みしめ、その奥深さに感銘を受け、また勇気を与えてくれるものになってきました。少しは成長してきたのかなとも思います。

そんなバイブルを改めて年始めに読み返しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 中小企業家同友会全国協議会(お求めは同友会事務局にて 300円)

想像を超える技術革新が進む中で、仕事はますます単純化され合理化されています。

企業は、社員の仕事に対する自発性と創造性を如何に作り出すか大きな課題であり、その大きな壁を乗り越えていく覚悟が必要です。

その課題には、家族的に人間味あふれる会社の風土、会社の規模にかかわらず、積極的に労働条件を改善するとともに、意思疎通をはかることによって、信頼関係をより深めていくこと求められます。

しかし、物わかりのいい、優しい経営者がいい経営者ではないと何度も語られています。

自社らしいコミュニケーションの上で、業界の実態をつかみ、広い視野で自社を客観的に分析し、さらに、現状分析に立った上で、将来の姿を明確に描いていくことが、どんなに必要か感じ入ります。

今年は、弊社もより新しい挑戦をしていきます。

多くの課題や苦難があることでしょう。それを、社員みんなとともに挑んでいく、それを楽しめるような一年にしていきたいと思います。

新年、改めて自分の責任を痛感しながら、やる気がわいてきた一冊でした。

 

営業のバイブル「私はどうして販売外交に成功したか」

古典や良書と呼ばれるものは、原理原則が多くわかりやすく語られています。

40歳代になってから、感銘を受けた、影響を受けた本を繰り返し開くことが増えました。

創業前から、起業するならば営業を学ばなければと思い、営業の学びを深めています。

起業前、営業について行き当たりばったりで、何一つ論理的に考えていない自分が、現在、営業の学びの場、岡山営業道場の代表をさせていただいています。

営業を考えることは、人を動かすことに他なりません。人を動かすには、納得するものが必要です。

小さな会社ながら経営を考える上に、必要不可なものであるでしょう。

営業道場には、日本営業道連盟が積み上げてきた整理された学習工程はありますが、営業のバイブルとしてよく読み直す良書があります。

「私はどうして販売外交に成功したか フランク・ベドガー」です。

51caGGVNk7L._SX344_BO1,204,203,200_

わかりやすく、様々な気づきがある素晴らしい内容です。

心に残るキーワードは営業にかかわらずコミュニケーションにおいても興味深いものでしょう。

営業に何故情熱が必要か?

自分の行動を記録するのは何故か?

スピーチの力は必要か?

反対でなく質問をするのか?

準備はどれぐらい必要か?

競争相手をどう考えるか?

「あなた」という言葉を使えるか?

聞くことと、本当に耳を傾けていることは違う

大切なことは、他人の信用をえるということ

早い信用獲得は、証人である

初対面の印象の90%は服装から

名前の覚え方(印象、反復、連想)

恐怖心克服の最善策

注文取りか、良き買い物の相談相手か、商売以外の友人としてもいい相手

仕事の基本事項を心に刻みつける

自分の行動を分析し、自分の手法を論理的にまとめていくことが成功に繋がっているのかがよく分る。失敗を恐れるのではなく、恐怖心を克服することが大切なのだ。

リンカーンの言葉が出てくる。

「私の大きな関心事事は、諸君が失敗したかどうかということにあるのではなくて、その失敗に甘んじているかどうかという点にある」

たくさんの失敗を糧にすることが、一歩一歩成功に近づいていると言えるのだ。一つの失敗、一つの経験を次の行動に活かすことが出来ているか?

年始の、静かな時間に、改めて読み直すと、今の自分の行動と冷静に置き換えることが出来き、情熱がわいてきました。

今年も、頑張るぞ。

7 / 7« 先頭...34567