main

山下の一社懸命

早朝木鶏会2月

今月の早朝木鶏会は、テーマが「一生一事一貫」です。5人が集まって、2月の致知の感想や意見を言い合いました。

今月の感想発表として選んだのは、対談 「一筋の道を歩み続けて」今田 洋輔氏 早乙女 哲哉氏です。

素晴らしお二人に会ってみたい。そして、味わってみたいとも思いました。

天ぷら「みかわ是山居」 早乙女哲哉主人 http://mikawa-zezankyo.jimdo.com/
「銀座久兵衛」 今田洋輔店主 http://www.kyubey.jp/

IMG_1531IMG_1539

≪感想文≫

寿司と天ぷらを極めた二人は、ともにこだわり、ともに人生を生き抜いている男らしさを感じる。自分に正直に、そして自分の可能性を伸ばすこと、人生の本質に触れるようなお話しだ。

早乙女さんが、「今がベストかと自分に問答をかけながら仕事をする。例えば今日は、これが大事だと思って頑張ってクリアする。すると別の穴が4つ見える。それを埋めると今度は8つの穴が空く。そうやって毎日穴を埋めている。」

成長とはそういうものなんだろうとつくづく思う。やるべきことを自分が把握してなければ、おそらく、別の穴、課題には気づかない。誰しも、目先の作業に目を奪われ、気の緩みにつけ込む誘惑に踊らされる。

成長することで、新たな課題や壁が目の前にやって来る。あるいは、その壁に気づくといえる。それは成長した証しである。また一歩 成長するには目の前の課題をクリアにする。

自分なりの夢やロマンを持つ熱い人であり、そのために、常に敏感で臆病な感受を豊に持ち、それが危機感を持つことが出来る。危機感を背負い、そして夢に向かう。それが自分の本来の力を発揮できるやり方なのだろう。

今田さんが、「自分にはお客様と社員しかいない。そして、会社は社員一人ひとりの思いを実現するための手段だ」という。「量を積み重ねることで何れ質に転換する。最初から質のいいのは無理だ」と言う。

そこに向かって研鑽するから成長するというのだ。今の仕事を常に振り返り、自分の夢に向かって一生一事一貫に邁進していきたい。

騒がしいけど、熱心に研究中

外から帰社すると、お帰りの挨拶も適当で

熱心に一眼レフの勉強会をやっていました。

毎月、1回テーマを決めて勉強しています。

カメラの微妙な調整や撮り方で、驚く結果になるのでしょう。

時折、けたたましい笑いや、驚きの声が騒がしい。

熱心なのは素晴らしいが、近々にやってくる新人が中に入れるだろうか?

 

IMG_1523

おかやまテクノロジー展

今日2月9日(火)から10日(水)でおかやまテクノロジー展が開催されます。

知り合いの経営者も多いので、早速見に行ってきました。

岡山県が気合いを入れてひらく初めての、加工を得意とする岡山企業の集結です。

たくさんの企業が自慢の製品を所狭しと展示し、とても賑わっていました。

モノづくりってワクワクするね。

学生らしき人も見かけました。学生が見に来るととても刺激になる内容だと思います。当然、企業の商談も大切ですけど。

明日もありますので、是非ご参加下さい。お薦めです。

http://www.optic.or.jp/otex/

otex

BCPでも一躍有名になった会社さん?BCPだけでなく、いろいろな企業連携を見せていただきました。

IMG_1136IMG_1141

結構、こういった中で目をひいたのが次の写真。かぶり物です。光るし、空調もあって細かい。

IMG_1519

まだまだ、ゆっくり見たかったけれど、急いでお仕事に戻りました。

生わかめ入手

生わかめをいただきました。

立派なわかめです。

IMG_1124

下の方が芽株といってわかめの根元部分で、胞子葉と呼ばれ、食物繊維・ミネラル・EPAの宝庫です。

わかめの真ん中を通っているくきにあたる部分が「中芯」です。歯ざわりが良く、サラダや炒め物に最適です。

その他の、ふだん食べられている葉の部分を「葉体」と呼ぶようです。味噌汁によく入っていますね。

IMG_11251

早速、湯がいていただいてポン酢でいただきました。手前のが湯がいたわかめでいい深緑に変わりました。

新鮮だと何でも美味しい!

IMG_1122

休日の過ごし方(朝市から農作業)

休暇の今日は、久々に京橋朝市へ出かけました。

結構な人混み。

IMG_1045 IMG_1046

お目当ては、知り合いの頑張りを応援に行くのと、美味しい朝ご飯。

IMG_1040 IMG_1042

知人のお店で、手作り豚まんをいただく。もちもちして手作りのいい味を出しています。
寒いけど、よく頑張っています。素晴らしい。

IMG_1049 IMG_1057

食いしん坊の息子達は、鴨方ラーメンを仲良く食べました。少し食べましたけど、麺が美味しい。

京橋の朝市は毎月第一日曜日です。日の出前から行列の出来る店もたくさんあるぐらい賑わいます。

気合い入れて、早めに参加すると、美味しいものがたくさん食べられると思います。時間があれば、ピザ釜のピザや、焼き鳥などまだまだ食べたかった。

京橋朝市ホームページ http://www99.no-ip.info/bizenokayamakyoubashiasaichi/BD/home/index.html

その後は、実家の柿畑で剪定作業。まだまだ終わらなかった。2月中には終わらせたい。

IMG_1090 IMG_1108

夕方から家族で、動物のドキュメンタリー映画「シーズンズ」を鑑賞しました。

息子達には、97分のドキュメンタリーは疲れて寝ちゃうかなと思っていました。あっという間に引き込まれます。

動物目線の映像、スピード感、野生動物の行動を見事に映像化、地球の素晴らしさを感じます。

子供達も飽きずにしっかり楽しんでいました。一番の映像は、氷河が崩れるシーンが迫力があったそうです。

子供達の記憶にもしっかり残る印象的な作品だと思います。お薦めです。

poster2

土曜のお仕事

土曜日の出勤日は、いつもと少し違う。

いつものメンバーのほとんどが休みになるので、男女比が大きく変わる。

いつもの、男性20%対女性80%が本日は50%対50%の五分五分。

いいのか悪いのか分からないが、自分を発揮できるチャンスなのか。

おしゃれな、カウンターのあるカフェで、PINKスムージーをいただきながら

気合の入るお仕事の打合せ、幸せだな~

エネルギーの満ち溢れた方々と一緒に仕事をすると、自分もついつい集中して頑張れる。

thumb

このスムージーもお腹の満足感に効きました。

thumb (1)

自分の力を100%発揮できるよう、体力気力を維持するのも大切な務めです。

thumb (2)

熱さがわいてきます。 (^^)/

 

花が咲き始めました。何の花?

今日は、温かい一日。

イケルには、鉢植えの花が2つ咲きました。

何の花か分かりません。

IMG_1015

IMG_1019IMG_1014

これは、私がもってきた、梅の花。

つぼみがたくさん開きました。

IMG_1012IMG_1018

花に癒やされたい最近です。

東京ばな奈がぉー

昨日は、一日留守にして東京出張でした。

移動で7時間。

本を読んだり、パソコン業務したり、居眠りしたり、お気軽なようで結構疲れるし肩も凝ります。

帰りに待ち時間がたっぷりあったので、お土産物を見て回りました。

定番ものを2つ3つ買って帰りました。

時折たくさんお土産物を買って帰り、社員に「こんなにたくさんいらん。誰が食べるん?」と良く叱られます。

みなさん、健康のため甘い誘惑に神経を尖らせているのです。

今日、お土産を見せると「ま~た、買ってくるんじゃないかと噂してた」とのこと。

今回は、定番、東京ばな奈のキャラメル味 がぉーという商品。

そうは言っても、みなさん食べてくれました。

1個、約101kcalです。

IMG_1009

IMG_1008

東京ばな奈は、株式会社グレープストーンという会社が作っています。

企業理念は

お客様に愛される

新たな価値を創造することで、

社会に貢献し、社員が誇りを持てる

「価値創造企業」を目指します

自ら商品を考案して開発・デザイン、製造をおこない、直接お客様の手に渡す。制作者の真剣な思いをお客様の満足に繋げたい、その一連が一つの文化と考えると言われています。

企業理念 http://www.grapestone.co.jp/company/philosophy.html

作り手の思いに気づくと、より満足感が大きくなるような気がします。そういえば、昨日のお店のあの子も輝いてました。

 

修身教授録 森信三著(早朝読書会)

毎月1回、早朝6時からの読書会が今日ありました。

今日から、新しいテキストが始まりました。

img_0958.jpeg

教師になるための学生への講義をまとめた、森信三著「修身教授録」です。

戦後の日本の人間学を脈々と伝える教本として読み続けられている本です。

最初に第1項に「学年始めの挨拶」として始めの講義からです。

先生と生徒の出会いについて、深い因縁をお話しになります。

「地球上に何億の人間が住んでいて、同じく血液を分け合っている日本人。そのうち我々が一生に間に知り合う人間は極めてわずかであり、いわんや一生の間に、その面影を忘れない程度に知り合う間柄となると、いかにそれが少ないか」

今このときに出会い、深く関わるご縁を、この現実の必然を強く噛みしめるように言われます。

少しの出会いがズレると、一生係わらないであろう人がなんて多いのか、想像できるのではないでしょうか。

たまたま、目の前のあなたと話をしているだけではない、偶然、出会ってお付き合いがあるのではない。

それは、深い深い因縁がある。偶然にもふれ合う偶然。

森先生は、天の命だと言われました。

生徒がそうは言われても僕には天の命とはとうてい思えないと素朴な質問に答えます。

「それはそうでしょう。諸君らは若くてまだ人生の苦労というものをしていなんですからね。私の気持ちを申しただけです。ただね、そう信じられる人と、信じられない人の人生の生き方が将来どう変わってくるかということだけは考えてみて下さい」

自分の取る姿勢によって行動の思いの深さが変わります。

この人とために一所懸命に力の限り、一瞬一秒を真剣に働くことで行動が変わるのではないでしょうか。

あるいは、いい加減にその一時を過ごすのでしょうか。

夢中になって何かに集中するとき、人は疲れを知らず行動できます。

やりたい、そういった心の中からわきでる行動の継続が、そうでない人との人生の生き方の違いになってくるのではないでしょうか。

また、教育とは、

「生徒の織物の中に、一筋の横糸を加えることになる。それが、いかなる色合いの糸であるかは、時がたたないと分からない。教育という織物の場合には、教える方と学ぶ方と、双方の気と持ちがぴったり合わなければ、いい織物は出来ない」

とお話になりました。

4月には、弊社にも若者がやってくる。

輝いている活き活きとした糸に、どのような横糸を加えることが出来るでしょう。

若い人を染めてしまうのではなく、共に織りなし価値を生み出していくような、関わり合いが大切何だと思います。

新人とベテラン社員の織りなす仕事が見事に社会に役立つとき、大きく成長するチームになることだと思います。