main

山下の一社懸命

早朝話し方お稽古

話し方のお稽古を、毎月1回、早朝6時30から講師の先生をお招きし、行なっています。講師の先生は、この道、50年の古賀千恵子先生です。

毎回、テーマを決めていただき、皆さんの前で発表します。そして、いろいろと感想や意見をいただき、ブラッシュアップしていきます。

今回のテーマは「故郷」でした。最初は、難しいなと感じましたが、深く考えるといろいろな記憶が蘇ってきました。

スピーチ「故郷」やましたひでお

生まれ育った場所は、岡山県の矢掛町という小さな町です。子どもの頃、すぐに登れそうな山の中や、田んぼや畑、渡れそうな小川、そして小さな商店など思い浮かべます。扇風機があれば耐えられそうな夏、布団にくるまれば耐えられそうな冬、決して厳しい四季が訪れることがない、そんな中に順応していた子どもの頃。耐え抜く強靱な力を備える必要はない、ほどよい自然や、ほどよい人間関係。現状を受け止め、それを楽しみ、そこでなんとかしていきたい、そんな故郷に影響を受けてきたのだと思います。何にも特徴的なものがない、強烈な印象のない、穏やかなところが私の故郷かもしれません。
故郷に合わせたのか、少し大きくなっても、その環境の中で楽しむ自分だったような気がします。切り開いていくのではなく、調和をとって、その中で染まって行く自分。決して前にでて目立つような行動もしません。その環境の中で、役に立つ自分になろうとしていたような気がします。

故郷を自分にとっての原点と考えると、事実より心情が加わってきます。大学生時代は、親元を離れて関東地方の埼玉県上尾市で過ごします。一人で、学費を払い、働き、学びました。親がいつも守ってくれて、管理してくれたころからの転換です。仕事と自由な学校生活の狭間で、自分を見失えば、失うものが出てくる。一人で耐えること、一人で解決することを体験していきます。耐えるから、工夫を生み出し、逞しさを磨いたような気もします。大人の社会を体験し、喜怒哀楽を、仲間と一緒に過ごしてきた、場所は自分の原点です。町の住宅街で、毎日朝日を感じる事が出来る新聞配達をしていました。雨の日も、雪の日も、体で朝を感じました。写真などでとらえることが出来ない、日々の暮らしの中で、悶々と若いエネルギーを発散します。まだ薄暗い朝、線路そば通る特急をみて、これに乗ればふるさとに帰れるんだよなと、感傷にひたったことを思い出します。写真やビデオなどの記録にはない、自分の記憶にだけある、人たち、景色がたくさんいます。苦い思い出や、辛い思いで、人へのトキメキ、恐怖心、感激などいろいろな想いが、今の自分の感情の土台になっていると思うと、そこは大切な故郷です。

社内会議

社内で、新しいプロジェクトの品質について打合せを行なっています。私は蚊帳の外。少し寂しいですが、私は直後お客様のところに訪問です。

肉食女子

肉が食べたいと、社員みんなでベビーフェイスプラネッツというボリューム満点のお店に初めて行きました。女子会を意識したインテリア、いろいろなメニュー、ボリュームもすごい。しっかり食べて、いい仕事しましょう。

新しい保険証

社員が名前が明日から変ります。長い間親しんだ名前から、新しい名字に変る。

記念すべき最後の日のツーショット。

第33回経営者フォーラム

5月27日(土)の岡山県中小企業家同友会の経営者フォーラムの全体会で座長をつとめました。

 

報告者は、中同協社員教育委員長で岡山同友会常任相談役でもある岡山トヨタ自動車株式会社の梶谷俊一社長です。報告のテーマは「あなたの経営の目的は何ですか?~組織の力を最大限に発揮するために~」で、経営の本質を追究する内容でした。実績もお話される内容も、すごくてとても大きな存在の梶谷社長です。経営者フォーラムの座長という大役も重いものですが、梶谷さんの座長をさせていただくことは責任重大で、よく引き受けたなと思います。

 

報告は、岡山同友会の出会いから、組織論、人間とはと続き、最後は経営者としての役割についてでした。

同友会の学び方については、討議の意義、討議への向き合い方が印象に残っています。自分が聞きたくない、率直な意見を素直に受け入れる姿勢が、深い気付き、その気になる学び方ではないかと感じました。学び取ることが、人の成長に繋がるだろうと思います。関心の持ち方にも言及されましたが、関心を持ってもらう取り組みの重要性も感じます。

人間の多様性についても考えさせられました。多様な人がいるから価値を生み出す。一人一人が違うからこそ、違いを結びつけ、そこに価値を見つける。これからの、付加価値上げ方がここにあるのではと感じました。多様な価値観を受け入れる風土がないと、これからは企業は育たないのではとも感じます。

ユネスコの学習権についてもお話しになりました。同友会の目指すことは、人類にとって重要な課題を取り組んでいることをあらためて感じ、先見性を感じます。(学習権について下部に掲載しました。)

討議のテーマは「あなたは社員とどのように関わっていますか?あなたは『社員と対等な関係』とはどのような関係だと考えますか?」です。討議では、一人一人の持ち味、社員へ目線を合わせる、その気になるスイッチをいれる、会社での居場所をつくる、社員には理想がわからない、外から見ないと会社はわからないなど様々な意見交換が出来たようです。対等とは、何を基準に考えるか非常に難しい話になります。自分なりの意見をしっかりと持つことも求められるでしょう。目的を一緒に目指す、経営理念をめざし、それぞれの役割を果たす、そこには人間らしい環境がある。理想かな思うこともありますが、このギャップを埋めていく信念がなければ、実践できないと強く感じます。

 

座長は、全体会をとりまとめる重要な役割ですが、その中でも、報告や討議の発表を受けて、最後に全体のまとめが重要なところです。時間が押していたため、当初考えていた内容から、変更し思った内容を十分話せなかったと思います。それでも、梶谷さんの学び方、ものの考え方を我々はもっと真似ないといけない!そしてこんなに身近におられる先輩をもっと吸収しなければと言う強い思いを伝えました。また、同友会のバイブルである『労使見解』の奥の深さを痛感し、150人もの参加者に、生意気にも再度確認するよう強く求めたと思います。

大変緊張しながらも、なんとかやり遂げたことで、役割をいただけたことに感謝です。今回の役割も出来そうにないことを何とか形にする。100点とはいかないけれど、やってみることで課題や自分の可能性に気付く。この体験を、仲間や社員にも経験してもらい、成長してもらいたいと感じました。

 

 

 

ユネスコ「学習権宣言」 1985.3.29 第4回ユネスコ国際教育会議

学習権を承認するか否かは、人類にとって、これまでにもまして重要な解題となっている。

学習権とは、

読み書きの権利であり、

問い続け、深く考える権利であり、

想像し、創造する権利であり、

自分自身の世界を読み取り、歴史をつづる権利であり、

あらゆる教育の手だてを得る権利であり、

個人的・集団的力量を発達させる権利である。

成人教育パリ会議は、この権利の重要性を再確認する。

学習権は未来のためにとっておかれる文化的ぜいたく品ではない。それは、生存の欲求が満たされた後に行使するようなものではない。学習権は、人間の生存にとって不可欠な手段である。もし、世界の人々が、食料の生産やその他の基本的人間の欲求が満たされることを望むならば、世界の人々は学習権を持たなければならない。

もし、女性も男性も、より健康な生活を営もうとするなら、彼らは学習権をもたなければならない。もし、私たちが戦争を避けようとするなら、平和に生きることを学び、お互いに理解し合うことを学ばねばならない。

”学習”こそキーワードである。

学習権なくしては、人間的発達はあり得ない。

学習権なくしては、農業や工業の躍進も地域の健康の増進もなく、そして、さらに学習条件の改善もないであろう。

端的にいえば、このように学習権を理解することは、今日の人類にとって決定的な重要な諸問題を解決するために、私たちがなしうる、最善の貢献の一つなのである。

しかし、学習権は単なる経済発展の手段ではない。それは基本的権利の一つとしてとらえられなければならない。学習活動はあらゆる教育活動の中心に位置づけられ、人々を、なりゆきまかせの客体から、自ら歴史をつくる主体にかえていくものである。

それは基本的人権の一つであり、その正当性は普遍的である。学習権は、人類の一部のものに限定されてはならない。すなわち、男性や工業国や有産階級や、学習教育を受けられる幸運な若者達だけの、排他的な特権であってはならない。

本パリ会議は、すべての国に対し、この権利を具体化し、すべての人々が効果的にそれを行使するのに必要な条件をつくるように要望する。

同友会例会参加報告

岡山県中小企業家同友会の倉敷例会に参加しました。お隣の支部に、同じ支部で学んでいる経営者の横田さんの報告ということで、仲間を引き連れて学びに行きました。


横田さんは、ピアノの調律専門会社の創業者です。起業の経緯から、技術者としての気持ちと経営者への変換、社内での苦労の中で、自社のあり方を見つけてこられました。経営指針書をもとに社員と共に成長しはじめたところをわかりやすくお話しいただきました。

響いた言葉をご紹介します。

「社員は一生懸命やっていた」
いろいろと経営者として学びを深めていく中、問題は自分にあることに気付かれました。人は変えられないが自分は変えられる。数値に表れない行動は、受け手がどう気がつくかによります。気付く人、気付かない人。気付いていなかったけど、気付きはじめる。気付いていたけど、気がつかなくなる。心の目は移ろいやすいから、いつでも磨いてないといけないと感じます。

「プロなんだから結果がすべて、過程を褒められるのは小学生まで」
厳しいお言葉にビクッとしました。そうなんですよね。プロフェッショナルとしてお客様に期待されてお仕事をいただいているのです。経営者としての結果を考えてしまいます。過程は大事ですが、到達点にたどり着くのが目的です。勉強することが目的ではないように、目的な何なのか、頑張りましたと逃げてはいけません。

「少ない人数だから、言わないでもわかるだろう」
情報共有の難しさを語られました。大切な情報共有、簡単に思っていると大きな間違いを生み出します。わかっているのか、いつも確認できる関係、信頼関係をしっかりと構築し、なんでも言い合える風土を作りたいと思いました。

「1+1+1+1=2」
社員の足し算が少なくなってしまっては駄目だ。以前は、そうなっていた。組織は足し算したら多くならなければならない。付加価値をどうつけていくのか、実践をお話しになった。組織でいる意味を考えさせられました。

学び深い夜になりました。

ありがとうございました。

わかもの面接塾

 

今年も、ハローワーク岡山主催のわかもの面接塾に協力事業所としてお話をさせていただきました。

求職中の若者たちに、経営者の思いや、業界の話などをさせていただきました。みなさん、とても熱心に聞いていただき、やる気が伝わってきます。受講された方は、どなたも以前どこかのお仕事をされて、思うような働き方が出来ずに再度就職を考えられています。仕事は、人生の主要な時間になります。自らいい職場、いい仕事、いい経営者に巡り会って欲しいものです。坂本真民さんの「念ずれば花開く」のように、とても大事な出会いを探すことを、真剣に向き合って欲しいものです。

是非、みなさん、頑張ってください。

みなさん、素晴らしい感想文をよこしてくれました。ご紹介させていただきます。

  • 大変熱のある説明で分かり易く勉強になりました。未知の業界でしたが事業内容が知れてよかったです。グループワークも具体的な細かな考え方を知ることが出来、大変参考になりました。
  • 経営者側からの色々なお話を聞け大変参考になりました。面接時での具体的な質問についてもお聞きでき良かったです。
  • 山下先生のこれまでの経験を踏まえたプラス思考のアドバイスをいただき参考になりました。
  • 今回のセミナーでとても刺激を受けました。実際に経営者の口を通して直接お話を聞く時間は私にとってすごく勉強になりました。ありがとうございました。
  • 話を聞いて、自分の短所の部分にもまだ活かせる場面があるかもしれないので、今後、生かす工夫をしようと考えています。ありがとうございました。
  • 私は就職には程遠い所にいるから質問に困りましたが、思い切って質問してよかったです。一人一人に真剣に向き合って答えて下さり、他の方への回答も参考になりました。やりたいことと仕事が結びつかない私ですが結びつける勇気や努力も大切かと思いました。
  • 再就職に対して、気持ちの持ち方、自分自身のモチベーションの大切さを学ぶことが出来ました。今後のビジョンに対して自身の人物像を持つことが大切であり必要であると思いました。

営業の鍛錬会

イケルでは、営業の勉強会「営業道場」を毎月開催し、営業の技術を磨いています。その本部である、日本営業道連盟鍛錬会に参加してきました。各道場の指導者や営業マネージャーが参加しています。今回は、2016年12月17日(土)にライフナビパートナーズ株式会社(大阪市堂島)の第8回鍛錬会に参加しました。24名の参加者で、日本営業道連盟の稲田代表に「売れない営業マンを目覚めさせるマネジメントスキル」をテーマに鍛錬を行いました。

img_4211img_4212

最初に、なぜ、マネージャーは部下を育てないといけないのか?と、問いが投げられました。誰のためか?本気で育成をする気があるのか?
グループディスカッションをしながら、本来の目的を探っていきます。

続く例題で、「営本さん30歳の危機」という、営業マンのストーリーを読みます。簡単に営業職を考えて転職、成績が上がらない、積極的に動けてない。だらだらして動かない部下にどのように指導ストーリーを描くか、ディスカッションします。商品知識の習得、やる気を育てる、営業プロセスを構築する、PDCAが回るよう指導するなど意見が出てきました。

続く内容は、実践したい三つのことを稲田代表より説明いただきます。営業道場の方程式をもとに、営業の成果をあげるかけ算を紹介されました。営業の基礎、想い情熱×戦略的行動量×正確な営業プロセス×業界商品知識。さらに、営業マンの使命が何か、そこには何の視点が必要か、確認します。

ここで、少しブレイクでしょうか。営業マンのための金言集を紹介いただきました。たくさんの金言のなかで、「お客様を理解した後に、お客様から理解される」が心に響きました。また、グループディスカッションでは、グループメンバーから「商品を売るな、シズルを売れ」「人生を変える鍵を売る」など、商品の見せ方や、目的を明確にする言葉を披露されました。

次に、営業戦略、案件数の確保で、お客様区分や必要訪問商談件数試算など、営業計画の立て方について説明がありました。ABCランク管理や行動計画など具体的な落とし込みを作ることで、検証しやすい計画づくりを案内いただきます。営業マンを育てるためには、営業しやすい仕組みづくり、検証しやすい仕組み、弱点がわかる指標などの環境を幹部や会社が準備する必要があります。育てるためにマネージャの役割が見えてきます。

後半は、お客様のお役立ち視点、期待される営業マン、後輩指導方法など深掘りします。最後に、テレアポのタブーや接点営業、異業種交流会・勉強会でのマーケティング活動の基本、紹介依頼の方法など解説いただきました。

営業の方程式を基礎に、どういった視点をもって営業に望むか、あらてめて本質的な部分を再確認しました。

img_4253

経営指針発表会に来賓参加

先日、知人の経営する経営指針発表会に参加しました。

ホテルの会議室で指針発表から部門目標、社員の目標、問題提起、決算報告など一日かけての会社の総まとめといっていいでしょう。

その会社は、経営者を知っているせいか、経営者の強い思いが会社を動かしている印象を持っていました。わかりやすくいえば俺についてこいタイプの風土ではないかと思っていました。

経営指針発表会の後半は、ビジョン達成のためにグループディスカッション(討議)です。私は部外者ですが、そこの社員と共に討議に加わりました。その会社は設備工事を主とする仕事で男性が多く職人的な方々が多いです。普段から討議などになれている私からするとペースの遅い流れに戸惑いました。討議のテーマもどこから進めていくかなかなか決まらない。しかし、そのうち自社の課題がポツポツと出ています。その会社のペースで話が出てきます。その課題の解決に取り組めない原因も出てきます。原因が出てくれば、それに向かって邁進すればいいものですが、実際に出てくる原因が会社にとって大切なものだったとき、それは簡単に取り除けない原因であることに気づきます。課題に対する原因は、そこに仕事のやりがいがあるということです。仕事のやりがいを排除して言い訳がないです。

そんな心からの悩みが出てくると、社員の本音があふれ出ます。会社の課題から会社の誇りまで。

討議は、大切な思いを社員で共有した上で、その思いを大切にしながら、こうしたい、こうしないといけないと解決案が出てきました。解決案は、それぞれ自分がこうしないといけないという自主的な意見だったと思います。

経営者の強い思いで引っ張っていると思っていたのは間違いでした。仕事を大切に大好きで貫く男達の集団は、経営者として彼の役割を期待している、彼を育てているのだと感じました。

ここの経営指針書には「人」「絆」という言葉が多用されています。その言葉は、経営者の思いか、既にある会社の風土か、実際に会社に触れてみてどちらかわからなくなりました。益々人が育ついい会社だなと感じ、そしてそんな会社の行事に参加でき幸せに感じました。ありがとうございました。

img_3870

怯むな、ポケモンGo

思い出しては、ポケモンGO

熱心に、新人社員に教えを請う。

進化だ、育成だ、アメの使い方、卵の孵化だの混乱する。

言葉を覚えていくことはおそらく大切だ。

専門用語を使うなと思うが、専門用語を覚えないとわかりにくい。

む~ん、仕事もそうだな。

1453

1455

1 / 712345...最後 »