ブログ

ドローンが仲間入り!

な、なんと……
イケルに…

ドローンが仲間入りしました!!


 

 

飛ばしてみる!!

 


イケルの天井までスイーっと登り、ふわふわ~っとあたりを飛びます。

危なげない操縦の内堀さん、さすがです。

 

小振りでかわいいドローンですが、カメラもしっかりついていて撮影も出来ますのでしっかり活かしていきたいです!

何をしようかな~?

第113回 岡山営業道場に参加してきました

6月7日に行われた「岡山営業道場」の第113回例会に参加してきました。

今回の営業道場はいつもより実践的な内容で、石井@教育研究所石井 サト子様に講師をしていただき、営業のロールプレイングを行いました。
※ロールプレイングとは… 現場面・役を設定し、複数人で演じることで疑似体験し、実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法のこと


 

まず、練習したいセールス・プロセスを設定します。
「ヒアリング」の段階なのか、「プレゼン」の段階なのか…自分がつまずいているのがどの段階かを考えます。

次に、お客様についても設定します。
商談する相手はどのような立場の方で、何が困っているのか、成約の障害になっているものは何か等です。

場面、お客様についての設定ができたら、いよいよ実践です。


写真の右側の方が営業役、左側の方がお客様役です。

役になっていない残りの人たちはその様子を見学して、ロールプレイングが終わった後にコメントを言います。
そして、コメントを受けたら、もう一度ロールプレイングをします。

ロールプレイング→フィードバック→再度ロールプレイング

という流れが、良い学びにつながるのだそうです。

営業道場では、多くの業種、初心者からベテランまで、様々な方が集まります。
いろいろな営業のやり方を見られるのも、良い勉強になるな~と思いました。



↓営業道場についてはこちら↓
株式会社イケル

いけてるママの働き方♪

イケルには子育て中のママが沢山働いてます。下は4歳から、上は高校生まで。

参観日や家庭訪問、運動会などの行事があったり、急な発熱、インフルエンザ…
子どもの事で会社を休まざるを得ない日もしばしばあります。そんな時は在宅勤務で頑張ります。

 

昨日は、お休みの中田さんの代わって『アカネル』がカチカチ…「うんしょ!うんしょ!」小さなからだで頑張りました!

実は・・・

中田さんが自宅でバリバリお仕事してました~!!
自宅のパソコンと、会社のパソコンを繋いで、リモート遠隔操作。家に居ながらにして、会社のパソコンデータ使って仕事ができるのです。

あたかも中田さんがそこにいるかの様に会社のパソコンはサクサク動いてます!!

 

イケルでは、勤務時間が選べたり、休み・半休なども取りやすく、子育て中の母にやさしい仕組みがいっぱいあって、助かってます!

今後、在宅ワークがさらに充実して、ネットでの打ち合わせや会議が普通になるかもしれませんね。

より良いホームページが作れるように…。先日は打上を行いました!

イケルでは、「打上(うちあげ)」なるものを定期的に行っております。

 

打上とは、ここ最近行ったホームページ制作での

  • 制作中の気付きや反省点
  • 苦労したこと
  • 今後他のホームページ制作でも使えそうな新しい技術

などについて、社員全員で情報共有するミーティングのことです!

 

つい先日も打上を行いました♪

皆さん、真剣に取り組んでおります…。

 

過去のホームページ制作を振り返ることで、もっとこんなプラン内容があっても良いのではないか・こっちの表記の方がSEOに良いのでは・この技術は今後のホームページにも取り入れていこう、といった意見や改善案が生まれ、実践することで、今後のホームページ制作や既存のお客様へのアフターフォローがより良いものになっていくよう、社員一丸となって努めております。

 

岡山でのホームページ制作ならぜひ、イケルへお任せください♪

とにかく明るい社員が、あなたをお待ちしております

 

 

 

 

皆さん、真剣に…あれっ?

第33回経営者フォーラム

5月27日(土)の岡山県中小企業家同友会の経営者フォーラムの全体会で座長をつとめました。

 

報告者は、中同協社員教育委員長で岡山同友会常任相談役でもある岡山トヨタ自動車株式会社の梶谷俊一社長です。報告のテーマは「あなたの経営の目的は何ですか?~組織の力を最大限に発揮するために~」で、経営の本質を追究する内容でした。実績もお話される内容も、すごくてとても大きな存在の梶谷社長です。経営者フォーラムの座長という大役も重いものですが、梶谷さんの座長をさせていただくことは責任重大で、よく引き受けたなと思います。

 

報告は、岡山同友会の出会いから、組織論、人間とはと続き、最後は経営者としての役割についてでした。

同友会の学び方については、討議の意義、討議への向き合い方が印象に残っています。自分が聞きたくない、率直な意見を素直に受け入れる姿勢が、深い気付き、その気になる学び方ではないかと感じました。学び取ることが、人の成長に繋がるだろうと思います。関心の持ち方にも言及されましたが、関心を持ってもらう取り組みの重要性も感じます。

人間の多様性についても考えさせられました。多様な人がいるから価値を生み出す。一人一人が違うからこそ、違いを結びつけ、そこに価値を見つける。これからの、付加価値上げ方がここにあるのではと感じました。多様な価値観を受け入れる風土がないと、これからは企業は育たないのではとも感じます。

ユネスコの学習権についてもお話しになりました。同友会の目指すことは、人類にとって重要な課題を取り組んでいることをあらためて感じ、先見性を感じます。(学習権について下部に掲載しました。)

討議のテーマは「あなたは社員とどのように関わっていますか?あなたは『社員と対等な関係』とはどのような関係だと考えますか?」です。討議では、一人一人の持ち味、社員へ目線を合わせる、その気になるスイッチをいれる、会社での居場所をつくる、社員には理想がわからない、外から見ないと会社はわからないなど様々な意見交換が出来たようです。対等とは、何を基準に考えるか非常に難しい話になります。自分なりの意見をしっかりと持つことも求められるでしょう。目的を一緒に目指す、経営理念をめざし、それぞれの役割を果たす、そこには人間らしい環境がある。理想かな思うこともありますが、このギャップを埋めていく信念がなければ、実践できないと強く感じます。

 

座長は、全体会をとりまとめる重要な役割ですが、その中でも、報告や討議の発表を受けて、最後に全体のまとめが重要なところです。時間が押していたため、当初考えていた内容から、変更し思った内容を十分話せなかったと思います。それでも、梶谷さんの学び方、ものの考え方を我々はもっと真似ないといけない!そしてこんなに身近におられる先輩をもっと吸収しなければと言う強い思いを伝えました。また、同友会のバイブルである『労使見解』の奥の深さを痛感し、150人もの参加者に、生意気にも再度確認するよう強く求めたと思います。

大変緊張しながらも、なんとかやり遂げたことで、役割をいただけたことに感謝です。今回の役割も出来そうにないことを何とか形にする。100点とはいかないけれど、やってみることで課題や自分の可能性に気付く。この体験を、仲間や社員にも経験してもらい、成長してもらいたいと感じました。

 

 

 

ユネスコ「学習権宣言」 1985.3.29 第4回ユネスコ国際教育会議

学習権を承認するか否かは、人類にとって、これまでにもまして重要な解題となっている。

学習権とは、

読み書きの権利であり、

問い続け、深く考える権利であり、

想像し、創造する権利であり、

自分自身の世界を読み取り、歴史をつづる権利であり、

あらゆる教育の手だてを得る権利であり、

個人的・集団的力量を発達させる権利である。

成人教育パリ会議は、この権利の重要性を再確認する。

学習権は未来のためにとっておかれる文化的ぜいたく品ではない。それは、生存の欲求が満たされた後に行使するようなものではない。学習権は、人間の生存にとって不可欠な手段である。もし、世界の人々が、食料の生産やその他の基本的人間の欲求が満たされることを望むならば、世界の人々は学習権を持たなければならない。

もし、女性も男性も、より健康な生活を営もうとするなら、彼らは学習権をもたなければならない。もし、私たちが戦争を避けようとするなら、平和に生きることを学び、お互いに理解し合うことを学ばねばならない。

”学習”こそキーワードである。

学習権なくしては、人間的発達はあり得ない。

学習権なくしては、農業や工業の躍進も地域の健康の増進もなく、そして、さらに学習条件の改善もないであろう。

端的にいえば、このように学習権を理解することは、今日の人類にとって決定的な重要な諸問題を解決するために、私たちがなしうる、最善の貢献の一つなのである。

しかし、学習権は単なる経済発展の手段ではない。それは基本的権利の一つとしてとらえられなければならない。学習活動はあらゆる教育活動の中心に位置づけられ、人々を、なりゆきまかせの客体から、自ら歴史をつくる主体にかえていくものである。

それは基本的人権の一つであり、その正当性は普遍的である。学習権は、人類の一部のものに限定されてはならない。すなわち、男性や工業国や有産階級や、学習教育を受けられる幸運な若者達だけの、排他的な特権であってはならない。

本パリ会議は、すべての国に対し、この権利を具体化し、すべての人々が効果的にそれを行使するのに必要な条件をつくるように要望する。

病院広報セミナーのお知らせ

 

弊社が取り組んでいる医療向け広報支援の一環として、医療機関の広報について多くの実績があるNPO日本HIS研究センターの石田章一氏をお招きし、現在の介護、医療の現場に必要とされている「対話力」や「説明力」にウェイトを置いたセミナーを行うこととなりました。

 

以下詳細をお読み頂き、興味を持たれましたら是非ご参加ください。

 

(画像をクリックで申込用紙PDFダウンロード)

 

【病院広報戦略セミナー】
いま、医療や介護に期待されているのは、専門職による患者・利用者へのわかりやすい「説明力」や丁寧な「対話力」、それぞれの個別性に配慮したコミュニケーション能力ではないでしょうか。

企業広報の目的はビジネスの追求ですが、医療や介護など社会福祉の向上をめざす事業では、それ以上に理念やビジョンの周知が目的となります。
特に、医療・医薬分野は広告規制があり、誤解や混乱、虚偽、誘発にあたる情報の発信は、当然、控えるべきといえます。

インターネット進展の時代、市民に発信すべき情報は、正しく判断し、適切に伝えることが、切に求められているのです。
つまり、医療に携わるすべてがコミュニケーション(広報)に責任をもつべき時代が来ているのです。

————————————————————–


場所:おかやま西川原プラザ 第7会議室
(無料駐車場有り)

定員:30名

参加費:10,000円/1名
※参加費は当日受け付けにてお支払いいただきます。

日程:6月16日 13:00 ~ 17:00

内容:医療のソーシャル・グッドを求めて

対象:病院・診療所(クリニック)・調剤薬局・介護施設の広報、地域連携担当

講師:NPO 法人日本HIS 研究センター
代表理事 石田 章一 氏

※筆記用具をお持ちください。
※席に限りがございます。ご興味ある方はお早めにお申し込み下さい。

 

————————————————————–

<プログラム>
12時30分 会場・受付開始
13時00分 ご挨拶・講演開始
17時00分 講演終了・閉会のご挨拶
17時30分 閉会

【第8期】経営指針発表会

本日、イケルの第8期経営指針発表会を行いました。

 

 

前期の結果を見直し、今期、10年後、50年後まで、イケルの経営計画について、社内共有する会です。

今年は多くの方にお越しいただきましたので、準備にも熱が入り、当日も緊張感がありました。

 

 

 

 

昨年は新人だった3名は、入社から1年が経過し「若手」と呼ばれるようになりました。
当時、経営指針書については受け止めるだけでしたが、今年は指針書の作成にしっかりと関わることができ、本当の意味で「イケル社員が全員で作った経営指針書」となり、一層重みを増しました。

 

 

 

 

 

(前期の目標達成に努めた方、頑張った方には表彰&プレゼントも…。)

 

 

 

お越し頂いた方々からの感想もいただきました。
イケルの良いところ・今後の課題となるところなど、いただいた言葉のひとつひとつを噛み締めて、社員全員が役割・目標を持ち、それを達成するよう日々努めてまいります。

 

第8期イケル
完全達成!!やるぞっ!

第112回 岡山営業道場に参加してきました

5月10日に行われた「岡山営業道場」の第112回例会に参加してきました。

岡山営業道場は、毎回「スピーチ」から始まります。
今回のスピーチ時間は1人2分、テーマは「ふるさとや思い出の場所」でした。

私は、地元である「連島」についてお話ししました。
何回かこのスピーチを体験していますが、まだまだ緊張します…


さて、今回の営業道場のテーマは、「営業の基礎を修得する」でした。

営業の「基礎」は「コミュニケーション力」と「人間関係力」。
まずは、
・「コミュニケーション」で大切にしていること
・「人間関係」で大切にしていること
を書き出し、発表していきます。



◎笑顔で接する
◎ウェルカムなオーラを出す
◎挨拶をしっかりする
◎目を見て話す
◎相手の問いにしっかり答えられるように見識を広くする
◎誠実に対応する
など、様々な意見が出ました。

皆さんの意見を聞いていると、「普段お客様と向かい合ったときに出来ているかなぁ…」とそわそわしてしまいました。


次に、「認め言葉・褒め言葉」のトレーニングをしました。
制限時間2分で、できるだけ多くの「認め言葉・褒め言葉」(すごい!、さすがですね!等)を書き出します。
いざ書こうとすると、なかなか出てこないもので苦戦しましたが、私は15個書くことができました

ポジティブな言葉のボキャブラリーを増やすことは、良いコミュニケーション良い人間関係の助けになります。
普段から言葉に意識して、使っていけるようにしたいものです。


何事も「基礎」が大事!
上手に話そうとするよりも、まずは良い関係を作ることが大事!
ということを学んだ営業道場でした。



今回、初めての方が2名来られていましたが、お二方とも常連メンバーと打ち解け、
「また来ます」とのお声をいただきました。

営業道場は、営業白帯の方でも大歓迎
興味のある方は、ぜひ一度ご参加くださいませ~



↓営業道場についてはこちら↓
株式会社イケル

5月のお誕生日ランチ♪♪♪

こんにちは!
イケルでは、先日のブログでも書いたように、スタッフが誕生日を迎えるとお祝いでご飯を食べに行きます

 

5月は中原・深田が誕生日を迎えましたので、今回もお祝いランチをしてきましたよ~!

先月の原田バースデーのときはお肉でしたが、今回は深田のリクエストが辛いものでしたので、近くの韓国料理のお店に行って来ました!

 

 

 

出てくる料理が全体的に赤・赤・赤・・・赤いものばかり!

少しピリ辛でしたが、クセになる辛味がたまりませんでした

 

記念にみんなでパシャリ♪

お誕生日、おめでとうございました!!

第1回中級Facebookページレッスン

イケルで行われている、「Facebook講座」が進化して開催されました!

 

今までの「Facebook講座」が初級だったのに対し、こちらは「中級」ということで…
「Facebookページ」についてお話をしていきました!

 

「Facebook講座」とは違い、操作指導が主な内容ではありません。
「どう運用していくのか?」「どういう心持ちでいればいいのか?」という、知識・意識的な部分の学びとなります。

 

初級の和気あいあいとした雰囲気とは少し変わり、真剣な面持ちの皆さん。

もちろん、話し合いはヒートアップします。

「どういう投稿をしたら良いのか定まらなくて…」
「現状○○なお客様が多いけど、獲得したいのは別の層で…」
「○○さんのところは○○だから、こういう人に人気があると思う」
「○○さんの店の客層だと、インスタの方が?Facebookと連携が出来ますよね」など

全く違う業種同士での意見の交わし合いです。

投稿、いいね、ファン、インサイト、エンゲージメント…まだまだ要素がたくさんありますが、全5章全てを受講した暁にはきっとFacebookページマスター・・・!?
頑張っていきましょう!

次回は【第2章】「自社フェイスブックページの宣伝をする」です!「自社Facebookページのファンになるメリット」を通じ、ファンを増やす方法を考えます!
どの章から受けても大丈夫な内容となっておりますので、第1章受講されていない方もお気軽にご参加ください!

詳しい内容や日程の確認、参加申し込みは下記リンクからどうぞ!
Facebook講座について>>>第2回 中級Facebook講座

 

基礎の内容となる、Facebookレッスンも行っております。
初心者の方でも楽しくわいわいと勉強していただけますので、興味を持たれた方はぜひご参加くださいね。
Facebook講座について>>>第8回 Facebook講座

1 / 1112345...10...最後 »