main

営業道場101回

弊社では、毎月、社外から何名かが集まり、営業の勉強会、岡山営業道場を行っています。

岡山営業道場は、日本営業道連盟のもと、7年前から営業の基礎基本を仲間と一緒に学んでいる集まりです。

今夜は、101回目の勉強会。

テーマは、テキストの「人間関係力を高める」で、スピーディに人間関係を構築することを目標に学びました。

第一印象の善し悪しの判断基準を、みなさんで意見を出し合います。

話し方、笑顔、挨拶、姿勢、声のトーン、時間厳守、表情、身なり、清潔感などたくさんの発言がありました。

続いて、人見知りで他人と仲良くなれない営業経験が浅い人へアドバスを考えます。

人に興味を持つ、気後れするような立場の人は応援していただけることが多いので思い切って飛び込む

人より抜きんでたものを持つ、先手挨拶、積極性、相づち、自分から心を開く行動など、貴重な意見も多く出ました。

第一印象を良くする工夫を日頃から、当たり前に出来ることは、競争相手が多いビジネスでは特に求められます。

最初の第一印象が悪ければ、どんなにいい商品・サービスであっても商談の土俵に上がることさえ出来ません。

普段から、共通点探し、美点凝視、アフターフォローが、当たり前に出来るよう、自分の姿勢を正していきたいものです。

今夜の参加者で印象に残った言葉から、営業マンの役割が学びとなった。

「営業はとても責任のある仕事だ。お客様には押しに弱く、流されて、思わず合わないものを購入してしまうことがある。

営業マンの誤った行動で、お客様にピッタリの商品を適正価格で入手するチャンスを、逃すことは、お客様の不利益に繋がる。

お客様の、ニーズやウォンツを的確に聞き出すことで、お客様の視点で納得のいく提案をする責任があるわけだ。

営業マンの責任を感じた。

IMG_2664

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、6名が参加されました。