main

ソマリア

いつも行くスーパーにうちの子の絵が飾ってありました。

小学校の休みの課題で提出したものが、展覧されているようです。

多くの総社市内の小学校の子供達の絵がスーパーの売り場の天井に所狭しとつるしてありました。

クワガタや金魚、楽しい想い出を描いているのが多く力強いものもあって楽しいです。

しかし、うちの子は、テーマ「ソマリア」

アフリカの国の国旗を描いていました。

2016-01-31_105338008_710D9_iOS (1)

どうしてだ?

ソマリアの国旗に何か惹かれるものがあったのでしょうか?

参考までに、ソマリアの国旗は次のような、シンプルなもの。

Flag_of_Somalia.svg

描きやすかったのでしょう。それでも、この国は、戦争をしていて大変だと母親から聞いて知っていました。

ソマリアは、マリア連邦共和国といって、東アフリカのアフリカの角と呼ばれています。内戦により国土は分断され、未だ無政府状態が続いています。世界最貧国の一つで、内戦で経済は壊滅、崩壊状態でにあると言われています。

感心したのは、その息子から

「お父さん、戦争を一番していない国はどこ?」と質問をしたことです。

よくわからない質問に「世界の国々の中でも日本は長いこと戦争をしていないよ」と答えるのが精一杯。

「じゃ日本に次に戦争をしていない国はどこ?」

あわててネットで調べて

「世界中で8つの国が長い間戦争をしていないんだよ。覚えておいて」

「日本、ブータン、スイス、アイスランド、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、スウェーデン」

「おじいちゃん、おばちゃんが生まれた時にはまだ日本も戦争していたんよ。それでも、たくさんの国がある中で多くの国は戦争をして殺されたり殺したりしているんだから大変なんよ」そんな会話が出来ました。

どれを戦争とするかで、見解は分かれるようで、これが正しい答えではないですが、参考にはなります。

ついでにスマホですぐ調べられることに「便利じゃな~、それじゃバルセロナの選手の名前も調べて」

メッシ、ネイマール、ピケ、イニエスタ、ラミレスなどの名前と背番号をノートに書き写して、満足していました。

戦争の話もまだまだ人ごとにしか過ぎませんが、小学校1年には十分でしょう。

ソマリアの絵には笑いましたが、そこからいろいろと考えられることが出来るのことはいいことかもしれません。

インターネットで簡単にすぐに調べられるのも、そこからみんなで考える時間が持てるのなら、その情報も学びに繋がるような気がします。

ソマリアを描いた我が子に、、成人式か結婚式にこの絵を見せてやろうと密かに思いました。

その頃には、ソマリアでのいいニュースや、観光に行けるような時代になっていることを願います。