main

2016年新春経営講演会宇都宮社長の話

昨日は、岡山県中小企業家同友会の新春経営講演会でした。

実行委員会に参加し、私は会員への広報を担当しました。

たくさんの方に参加いただき、良かったと思います。

IMG_0875

宇都宮社長の話は、とてもわかりやすく、感動するエピソードもありあっという間の時間になりました。

宇都宮社長は長野県中央タクシー株式会社の会長で、タクシー事業・貸切バス事業、空港送迎、旅行事業を行っています。

3つの大きな経営哲学として、人間関係、社風を築く、理念を磨くを説明いただきました。経営理念の「お客様が先、利益が後」のもと、徹底した会社作りをされています。

利益を上げることではなく、人間関係をよくすることや社風を築くための努力、また理念の浸透を諦めることなく続けていく。

経営理念を徹底して、伝え広げることで、社員の向かう方向が一緒になっていく。

次に、社員独自に、企業の価値観や信念、規則に頼るものではない、企業文化が創られる。

それが、人間関係を良好に働かせ続けることになり、やり甲斐のある職場になる。

お客様に中央タクシーと仕事でふれ合うとき「生きるための力が蘇ってくる」と手紙をいただくことがあったという。

お客様、社員の幸せの追求をすることこそが、地域に大切にされる会社作りなのだ。

あたらめて、宇都宮会長の信念のもと、揺るがない経営姿勢に感動しました。

岡山県中小企業家同友会のみなさん、いい講演会になりました。お疲れ様でした。

IMG_0840 IMG_0842 IMG_0845 IMG_0847 IMG_0848 IMG_0849 IMG_0851 IMG_0853 IMG_0855 IMG_0859 IMG_0860 IMG_0862 IMG_0867 IMG_0839 IMG_0838