main

柿の木の剪定

今日は柿の木の剪定(せんてい)です。雪が舞っていて、90分ほど。

柿の木の剪定は、葉が落ちてから、12月から2月ごろがいいので、2月までに終わらせないといけません。

柿は木は、成長が早く、日差しを求めて枝が上へ上へと伸びます。上に伸びた枝は、実をつけにくい、また成ったとしても収穫も大変なので、切ります。

そんな不要な枝を切り取り、全体に日が入るように整えます。柿は、前の年の 20~40cm ほどの枝の先端に近い部分から、新しい枝を伸ばしてその枝に花を咲かせて実をつけます。

写真の柿の種類は、富裕柿です。

昨年は、手入れが甘かったので、柿の出来が悪かった。今年は、美味しい柿ができるよう頑張ろうと思っています。

IMG_0784IMG_0786