main

経営者のバイブル

経営者の勉強の場である中小企業家同友会に入会して6年目になろうかと思います。

そこで、はじめの頃は、何も分らなかった理解を深めようとも思わなかった「労使見解」という言葉があります。

それを、すぱっとまとめ上げたのが、同友会の「人を生かす経営(この中に労使見解があります)」です。

何年も前は、読んだふりをするだけだったのかもしれません。いいこと書いているな程度の感想でした。

今では、その内容を噛みしめ、その奥深さに感銘を受け、また勇気を与えてくれるものになってきました。少しは成長してきたのかなとも思います。

そんなバイブルを改めて年始めに読み返しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 中小企業家同友会全国協議会(お求めは同友会事務局にて 300円)

想像を超える技術革新が進む中で、仕事はますます単純化され合理化されています。

企業は、社員の仕事に対する自発性と創造性を如何に作り出すか大きな課題であり、その大きな壁を乗り越えていく覚悟が必要です。

その課題には、家族的に人間味あふれる会社の風土、会社の規模にかかわらず、積極的に労働条件を改善するとともに、意思疎通をはかることによって、信頼関係をより深めていくこと求められます。

しかし、物わかりのいい、優しい経営者がいい経営者ではないと何度も語られています。

自社らしいコミュニケーションの上で、業界の実態をつかみ、広い視野で自社を客観的に分析し、さらに、現状分析に立った上で、将来の姿を明確に描いていくことが、どんなに必要か感じ入ります。

今年は、弊社もより新しい挑戦をしていきます。

多くの課題や苦難があることでしょう。それを、社員みんなとともに挑んでいく、それを楽しめるような一年にしていきたいと思います。

新年、改めて自分の責任を痛感しながら、やる気がわいてきた一冊でした。